PJ Kwong カート・ブラウニングを直撃 ・羽生結弦の全日本・五輪代表についても語る (2017/11/30-英語)

カナダのジャーナリストPJ Kwong氏がプロスケーターでカナダCBCの解説も務めているカート・ブラウニング氏を取材した動画です。。映像はPJ Kwong氏のYouTube公式チャンネルで配信されたものです。



(羽生結弦について:4分45秒辺り~)

『PJ Kwong カート・ブラウニングを直撃 ・羽生結弦の全日本・五輪代表についても語る (2017/11/30-英語)』へのコメント (7件)

  • 1
    わーい  2017/12/01(金) 12:38:12  ID:9f529f294

    カートは話が面白いし、
    こんなんやったら、みんな見るでしょう。
    ずっと続けてほしい。
    でも、何いってるかわからん。
    雰囲気だけ楽しみました。

  • 2
    マイ  2017/12/01(金) 14:40:38  ID:bc341436e

    どなたかお願いします~~

  • 3
    まりごっく  2017/12/02(土) 01:36:57  ID:3f61dade3

    リンクの五輪マークにビビって、ジャンプの調子が狂ったらしい。
    五輪1度目は若くてサイコー!だった、2度目はケガでムリだった、3度目はわけ分からなかった、とゆってるうち動画で確認すると五輪マークがあるのは2度目のアルベールビル。
    弱ってるとしょーもないことでダメージくらうからな…。
    とにかくケガやカゼに気をつけろ!いい気分で五輪に行け!とゆーアドバイスは説得力ある。

  • 4
    FSF  2017/12/03(日) 11:11:38  ID:d5be296b6

    まりごっくさん、まとめをありがとうございます。五輪マークの件はアルベールビルだったんですね。そんなことがあるんだ、と驚きのエピソードでした。でも、特にフィギュアスケートは精神的な状態が大きく影響するスポーツだと思います。それを物語るひとつの例だと思いました。

    短いインタビューなので全文訳してみました。短く意訳している部分もあります。ご参考までに…。誤訳の訂正、補足など歓迎です。よろしくお願いします。

    P=P.J. クォン、K=カート・ブラウニング

    *****
    P: GPSが終わり、五輪まで約10週間。この時期、選手達にとって大事な事とは?

    K: 労働ビザ、パスポート。航空券も。

    P:(笑)

    K: すべきことは多いが、スケートに関して言えば、この10週間を落ち着いて過ごせる選手らがいる。彼らとって大事なことは怪我をしないこと。インフルエンザや足の捻挫に気を付けて健康でいること。一方、最後の追い込みで忙しい選手もいる。どの技を増やすか、磨きをかけるかなど、すべき事はもう分かっている。みんなそれぞれの作戦計画を持っている。作戦計画は必要だが、柔軟に対応することも大事。とにかく健康第一。くしゃみしている友達には近寄らないこと。

    P: GPSの結果は額縁に入れた方がいい?つまり、GPSの好結果に自信を持つべきですか?それとも関係ない?

    K: 要は、自分自身をどう思うかってこと。五輪の空気は全く違うから、いつものようにリンクに立てると思っていたらショックを受ける。だからシャーロック・ホームズのように頭の中に誰にも邪魔されない聖域を作っておくといい。何だっけ、その場所にいい名前がついてたけど忘れちゃった。僕が緊張した時に思い浮かべる場所は、エドモントンのグレノラクラブ。ずらり並んだロッカーや窓、保護者の座席など目に浮かべると、プレッシャーがスッと消えた。すごい効き目だ。3F+3T 、3S+3L、3Aすべて成功。みんな自分のイメージが必要だ。グランプリチャンピオンになったことが自信になるなら、額縁に入れて壁に飾るといい。壁から外し、スーツケースに入れて五輪に持っていくといい。自分に自信が持てる事は何でもすればいい。そうすれば五輪のあの独特の雰囲気に立ち向かえる。曲がかかると、落ち着いて滑り出せる。

    P: 以前、リンクの五輪マークを見てパニックした話をしてくれましたね。それで輪の上を跳ばないよう、振り付けを変えたんでしたっけ?

    K: 練習ではね。本番では変えなかったと思う。

    P: 氷を見て突然、「五輪会場にいる、どうしよう!」となったんですか?頭の中で何が起こったのか教えてください。

    K: 大きなジャンプを跳ぶ前、頭に残っているイメージって結構重要なんだ。リンクには何も無くて、真ん中に五輪の丸い塊があるだけだった。

    P: 五輪の塊(笑)。

    K: 滑って行って3Aを跳ぼうとターンすると(五輪マークが目に入り)、五輪を意識してしまった。余計な事は考えたくないので、少し場所をずらして練習していたよ。だけど、本番は元通り臨んだ。最初の五輪は、若くて興奮していたので凄く楽しかった。次の五輪は怪我で楽しむどころじゃなく、最後の五輪は自分がどこにいるって意識がなかったね。

    K: とても興味深いです。選手らはそれぞれナショナルチャンピオンシップに向かっています。ナショナルに出場する選手らに最後のひと言を。

    M: ナショナルね。パトリック・チャンの地位は不動、優勝の公算が高い。素晴らしいスケーターだ。連勝だろう。いい感じで勝って五輪に臨みたい。2位は7 選手による争奪戦となる。五輪Tシャツがかかっている。

    P: 羽生結弦も全日本で優勝するでしょう。

    K: 優勝に向け頑張らなくちゃね。

    P: ですね。五輪に向け、彼はどんな気持ちなのでしょう?国を問わず、多くの男子が2018年の頂点を狙っていますが。

    K: 全日本で優勝しなくてもユヅの五輪出場は間違いないので。基本的にナショナルは五輪への発射台。ナショナルしか五輪出場の手立てが無い選手もいれば、そうじゃない選手もいる。だから(ユヅが考えてるのは)何を着て飛行機に乗ろうかな、だね。

    P: (笑)いいですね。楽しいお話をありがとうございました。

    *****
    以上です。ジョークを交えた、ひょうきんなカート・ブラウニング氏のインタビューでした。シャーロック・ホームズの話は、子供の頃読んだ『緋色の研究』に出ていました。頭の中の小さな屋根裏部屋。ブラウニング氏が思い出そうとしたのはBrain attickですね。

  • 5
    つらら  2017/12/03(日) 17:03:32  ID:f773154ca

    まりごっくさん、FSFさん
    翻訳ありがとうございます。

    カート氏の >何を着て飛行機に乗ろうかな、だね。

    これはただのオバサンの私には想像つきませんが・・・あえて想像するとしたら、
    普段着でいいのかな。。
    つまり五輪だからと気張らず、いつもの試合と同じ気持ちで臨めれば・・という意味です。。しかし難しいですね。

    カート・ブラウニング氏と聞くと・・
    長野五輪の頃だったか、本田武史さんがカート・ブラウニングのようになりたいと言っていた記事が記憶にあります。

  • 6
    獅子吼  2017/12/04(月) 09:24:30  ID:ea6945ad9

    おはようございます。
    管理人様
    動画紹介ありがとうございます。

    まりごっく様 FSF様
    翻訳ありがとうございます。

    五輪は本当に特別な舞台なんですね。
    多くの試合に出ていても
    また別種の緊張があるのですね。
    見ているこちらも
    ドキドキが半端なくあります。

    FSF様
    シャーロックホームズの小説 の補足
    ありがとうございます。

    緊張をコントロールする方法…
    上手くその部屋に
    ストレスや心配事を閉じ込めておけたらいいなぁー
    と一般人ですが…思いました。

  • 7
    マイ  2017/12/05(火) 13:22:18  ID:203a8413a

    まりごっくさん、FSFさん翻訳ありがとうございました。
    感謝。

    結弦君はジャージですよね(笑)