ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ スケートカナダ2017 フリー演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)

グランプリシリーズ第2戦、カナダのサスカチュワン州レジャイナ(Regina, SK)で開催された「スケートカナダ2017(ISU GP Skate Canada International 2017)」、カナダ代表-ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ組(Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE)のフリーダンス演技の動画です。


Date:2017年10月28日
曲名:ララ・ファビアン 「灰色の途(病の果てに)」 (Je suis malade performed by Lara Fabian)
技術点: 57.90
構成点: 55.64
減点:1.00
合計:112.54

カナダ・サスカチュワン州レジャイナ開催、グランプリシリーズ第2戦スケートカナダ2017(カナダ大会)の大会情報、出場選手&結果。男子シングルは宇野昌磨が優勝、無良崇人が12位、女子シングルは本田真凜が5位、本郷理華が6位。

(ロシア語)

(イギリス英語)

(アメリカ英語)

『ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ スケートカナダ2017 フリー演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)』へのコメント (1件)

  • 1
    まりごっく  2017/10/29(日) 18:48:55  ID:fa3e3233b

    たしかに容姿はソ連型アイスダンサーだがモロゾフで大丈夫かと思ってたら、上品で正しいイリニフ・カツァラポフ組になってきた。
    ショートはキューバのストリート・ダンスとゆー説明で黒い段スカートだったのをムームーに替えたが、オサレに見えるなんてどんだけスタイルいいんだか。
    フリーも、ロシアンなくどさに欠けるカップルの雰囲気を逆に活かしたほどよい甘さで競技プロらしく、戻して正解。
    このまま臆面もなくハーレクイン・ロマンスや少女マンガな夢の世界を見せてくれたら嬉しい。