アシュリー・ワグナー スケートカナダ2017 ショート演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)

グランプリシリーズ第2戦、カナダのサスカチュワン州レジャイナ(Regina, SK)で開催された「スケートカナダ2017(ISU GP Skate Canada International 2017)」、アシュリー・ワグナー(Ashley WAGNER)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年10月27日
曲名:クラブ・ド・ベルーガ 「ヒップ・ヒップ・チン・チン」  (Hip Hip Chin Chin performed by Club des Belugas)
技術点:28.10
構成点:33.47
合計:61.57

Hip Hip Chin Chin EP
Club Des Belugas


カナダ・サスカチュワン州レジャイナ開催、グランプリシリーズ第2戦スケートカナダ2017(カナダ大会)の大会情報、出場選手&結果。男子シングルは宇野昌磨が優勝、無良崇人が12位、女子シングルは本田真凜が5位、本郷理華が6位。

(ロシア語)

(ロシア語)

(イギリス英語)

(アメリカ英語)

『アシュリー・ワグナー スケートカナダ2017 ショート演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)』へのコメント (5件)

  • 1
     2017/10/28(土) 07:53:26  ID:e46cf85fe

    今季は持ち越しプロ2つで徹底的に
    ジャンプの強化をして
    頑張っていたんですがループの回転不足が痛いです。
    衣装も良し、ヘアスタイルも良し
    魅せ方も上手いアシュリー
    めげずにフリーもガンバ
    拍手を催促するあのスピンは上手いけどあんまり好きじゃない

  • 2
    獅子吼  2017/10/28(土) 08:17:33  ID:4f1d2feca

    管理人様 動画アップありがとうござい。

    良かったですー。
    完成されていますよねー!
    スピーディーでパワフルでー
    見ていて気持ち良かったです♬
    ジャンプ
    …減点は辛いですが、これは
    しょうがないですものね。
    クリーンに回りきるしかない!
    応援しています!

  • 3
    ジャガミカン  2017/10/28(土) 09:30:03  ID:85965eeca

    そうなんですよね。
    ワグナーは新しいプログラムじゃないから、滑り込みは問題なしでステップのレベル要件と回転不足さえ、うまくいけば得点が伸びてくるはずなんですよね。
    足換えコンビネーションスピンでは手拍子してますね。面白いです。
    なんか回転不足だから仕方ないって本当にむかつきます。
    どの選手も対策で苦労しているのに、報われない現状をどうにかしてほしい。
    回転足りてないのは事実だけど、ジャンプの練習だけに時間を割けないんですよ。
    ワグナーはジャンプ以外は大丈夫なように工夫してきたけど、回転不足判定次第ですね。
    もうちょっと点数がほしかったです。

  • 4
    壱川蛇蔵  2017/10/28(土) 15:05:59  ID:6425f6d55

         ☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆
    アシュリー選手ならではの明るいプロだ。
    やっぱ似合うんだな。ノリノリだし。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

  • 5
    すずs  2017/10/28(土) 15:43:13  ID:e7cd22fa8

    アシュリーもこのプログラムの雰囲気も好きなので、あまりネガティブなことは言いたくないのですが…。スローで見るまでもない明らかな回転不足が2つあり、ループの着氷もクリーンではなく、スピンの回転も以前と比べてずいぶん遅くなったなと感じます。何よりもつなぎが他の選手と比べると薄い気がします。前半に全て持ってきているということは、ジャンプが半分不安要素となってしまっているのか、あまり凝ったつなぎをたくさん入れて滑れないのかもしれませんが、ステップもスピードがないなと感じるし、ステップ以外は表情で表現したり上半身ばかり踊っていて、足元はあまり滑っていないことや、それどころか止まっていることも多いので…。高い点数が出なくても仕方ないのでは?