ハビエル・フェルナンデス カーニバル・オン・アイス2017 (解説:日本語)

埼玉県さいたま市(さいたまスーパーアリーナ)で開催されたアイスショー「木下グループpresents カーニバル・オン・アイス2017(Carnival on Ice 2017)」に出演したハビエル・フェルナンデス (Javier FERNANDEZ)の演技動画です。


Date:2017年10月8日
曲名:チャーリー・チャップリンメドレー: 映画『モダン・タイムス』より  (Charlie Chaplin medley)

Modern Times: “The Factory Set” (Original Motion Picture Soundtrack)
Alfred Newman Orchestra


Music Of The Movies – Modern Times
Charlie Chaplin


ジャパンオープン2017の出場選手・日程・結果。女子シングルは三原舞依、本田真凜、男子シングルは宇野昌磨、織田信成が出場。

『ハビエル・フェルナンデス カーニバル・オン・アイス2017 (解説:日本語)』へのコメント (3件)

  • 1
    まりごっく  2017/10/12(木) 00:51:58  ID:6d30f906b

    スタイルよすぎ、滑りが優雅すぎで、チャップリンに見えないw
    緊張する競技プロ、しかも落とせないショートで五輪年にコミカル路線はメンタル強くないとムリ。
    それほど、どーしてもやりたい気持ちがあるプログラムなら、強いかも。

  • 2
     2017/10/12(木) 01:38:32  ID:2e4f71995

    要するに日本選手のライバルが嫌いなんですよね
    ハビが気に入ってるのですからいいのではないでしょうか
    評判も良いと聞いています。
    ただ、エキシは黒い罠のような
    カッコいいプログラムが見たいです。

  • 3
    桔梗  2017/10/14(土) 23:11:07  ID:6495247f6

    昨季あたりからだいぶ身体を絞って、表情も精悍になり、ますます素敵になったハビエル選手。

    今季SPのチャップリンのプログラム。
    ところどころに独特なチャップリンらしいコミカルな振り付けがあって、さすが楽しませてくれるハビエル選手ですが、どちらかと言うと全体的にはユーモアの中に、一抹の人間の哀愁が漂うプロに仕上がるのではないでしょうか?
    その意味では、チャップリンらしさが出せて、今の年齢になったからこそのハビエルのプロになりそう。
    相変わらず、スケーティングもスピンもきれいですね。
    試合では、ジャンプを安定させて全体が音楽に乗って流れるような出来になると素晴らしいのでは、と楽しみです。