羽生結弦が独占告白!!世界最高得点 2015年グランプリファイナルの新事実 (2017/9/24)

スペイン開催2015年グランプリファイナルで、当時世界最高得点を塗り替えたフリー演技について語った羽生結弦の動画です。


『羽生結弦が独占告白!!世界最高得点 2015年グランプリファイナルの新事実 (2017/9/24)』へのコメント (11件)

  • 1
    和三盆  2017/09/26(火) 18:03:19  ID:1dd828c14

    SEIMEIに対する重く深い思いに、拝見してる此方までが
    凄く緊張させられます。
    あの時期には 既に左足甲に傷みが生じてたのですね。

    裏返せば今回の身体・演技等々の様々なミスに際してましても、その余りにも深い思いによる反動が生じたのではないか?などと勝手に思う処ですが、単純に感想を述べたりしたら申し訳ない様な複雑な心境ですね。

    今回の右膝の故障も充分に快復なさる様に願ってますが、
    競技者の厳しさを目の当たりにして、応援するほうも心配りを充分にして
    本年度の目標を果たして頂くように、心して対応したいと思います。

  • 2
    ハチドリ  2017/09/27(水) 23:27:12  ID:829da49b1

    選手の口から、じかに、選曲した理由等を語られているVTRを拝見すると、素直に「うん、うん、そうだったのね~!」と、なってしまいます。活字などより、やはり説得力がありますね。

    今季「新SEIMEI」、とりあえず衣装はパーフェクトでした。赤紫とグリーンのトーンが絶妙。身ごろの柄がスッキリしていて、とても品が良く美しい。あとは目元と眉を、少し濃いめにしても素敵かな・・・。

    きっと、美しい衣装(魔除けになるね)が、GPシリーズ(本番)では、「煩悩」を払いのけてくれることでしょう・・・ユヅの健闘を祈ってます!

  • 3
    ハチドリ  2017/09/28(木) 11:00:18  ID:aeca27bde

    補足、訂正します。

    トーンが絶妙→チョイスが絶妙
    ユヅの健闘を祈ってます!→日本人として、ユヅの健闘を祈ってます!

    衣装はオリエンタル風SEIMEIから和風SEIMEIに進化。「狩衣の白」も、以前より「白無垢の白」にちかくなって、高級感がアップ。(世阿弥も、ご満悦です。 笑)

    (欲を言えば)白以外に橙色や、茄子紺色なども似合いそう・・・。(世阿弥は、欲深いのです。 笑)

  • 4
    なでしこ2  2017/09/29(金) 03:33:36  ID:93e0eda10

    このFP世界最高点が出た2015GPファイナル構成より羽生選手本人は勿論、大勢が難易度上げて五輪に臨むんですよね・・・
    先祖代々肉食欧米人より華奢な骨格の日本人DNAを持つ羽生君、ショーマ君、10代で4回転いっぱい跳んで真面目に練習量も多くて・・体への負担はいかばかりかと。
    二人とも技術だけでなく芸術性でも充分、表現できるのだから・・・

    アメリカのJ・ブラウン選手みたいに4回転なしでも?Pチャンも10代で4回転跳んでなくてプル皇帝、ブツブツ言ってた。フェルナンデス選手も練習ガッツリじゃないし。
    この人たちの体型、骨格、日本人男性にはあまり見られない逞しさ。。彼らは体の貯金がある感じです。女子のコストナー選手も骨格素晴らしい。

    技術を支える受け皿の体、どうか大切に・・と祈ります。
    体の戦略、試合の戦略の両立、時に4回転少なくしたり外す勇気も必要?

  • 5
    小さい秋  2017/09/29(金) 20:42:53  ID:91d9c8edf

    なでしこ2様のご意見ごもっともと思いました。初戦の様子を見たら、これから体やスタミナのことも戦略のうちかなと感じました。

    羽生選手は負けん気が強くてそれが今の地位を作ったのはたしかだと思いますが、五輪で勝つことを目標にするならもうある程度守りに入っても当然のようにちょっと思うんです。
    4回転の数や種類で若手と競うことが一番いいのかわからない気がします。もちろん今や4回転3種4本までは表彰台に上がるには不可欠なのかもしれませんし、どうするかはすべて羽生選手自身の選択によりますが。
    体との折り合いは大事かも。保身ではなくて現実的にです。
    さし出た意見ですみません。

    東洋系の男子は欧米の男子とはたしかに骨格や筋肉の違いはあるけど、体が弱いと言うわけではないとは思います。欧米系でも東洋系でも怪我をしやすい選手とそうでない選手はいて、持病があったりの選手もいますし、練習の姿勢もそれぞれだと思います。
    その選手に合った練習量とか質がとても大事なのではと思います。

  • 6
    小さい秋  2017/09/29(金) 21:04:15  ID:91d9c8edf

    あ、すみません。5番のコメントの「4回転3種4本まで」と言うのはフリーで、ということです。

  • 7
    mbanbi  2017/09/29(金) 22:19:00  ID:99f9fc5dd

    >五輪で勝つことを目標にするならもうある程度守りに入っても当然のようにちょっと思うんです。

    スポルティバのインタビューで、
    『SPで最高得点が出たのだからもうループじゃなくてサルコーでいいんじゃないかと思ってしまった。安定して出せたらフリーに力入れられるんじゃないか。そんな考えが芽生えた事が悔しい。』と。
    この言葉が羽生選手を象徴してると思います。羽生選手らしいですよね、とっても。
    いつも挑戦していて上を目指して、攻撃してる。
    こうやってトップに登り詰めて来たんだなって。

    オーサーコーチも
    『彼はまだ若い。彼にとってスケートをすることの目的は上達し続けることだ。若い人にとって上達するということは、4回転ルッツや4回転フリップの習得を意味する。僕も止めはしないよ。そうしたくなる気持ち、僕は好きだよ』

    『ハビについては話は全く別だ。でもゆづは他の子たちがクワドルッツやクワドループを跳ぶのを見ると、彼もそこにいたいんだよ。それはとてもいいことだよ。ゆづはとても負けず嫌いだからね。』

    自分の思うように挑戦出来たら、その方が勝っても例え負けても悔いが残らないんじゃないかなって、個人的には思います。

  • 8
    小さい秋  2017/09/29(金) 23:20:47  ID:91d9c8edf

    サルコーまでで満足してしまうのは現実的にもちょっと危ないと思うしあまりに羽生選手らしくない感じはたしかにします。
    常に上を目指す向上心はすごいと思うし、だからこそ今の地位があるのだろうと思っているのです。
    うまく言えないのですが、保身という意味ではないのです。

    私は何となく羽生選手は負けても悔いが残らない選手という感じはしないんですよね。特にオリンピックは。そこまでまだ長いですし。

    これまでとは何となく羽生選手自身もまわりも様子が変わってきたなーと少し感じてます。何となくですのでそんな感じを受けてる人もいるってことでお気を悪くされた方、お許し下さい。4Lz を入れるということなので次の試合まではまだわからないとは思っています。
    でもやっぱり怪我には本当に気を付けて下さい。
    SEIMEI は大好きなプログラムです。

  • 9
    ぴのこ  2017/09/30(土) 16:34:59  ID:8b982c304

    GPS始まる前に言いたい事。

    どうでもいいバックステージは執拗に映すのに、大事な6連にCM流したりするのって本当腹が立つ。(この映像ではないです)
    あれだけ、はりついてるのに、ハビコールの後のジャンプや、フィニッシュの後の動作も、ファンカメで1度しか見たことがない。
    表の部分は撮っていいのだから、他選手のキスクラで放送中、流せなくても、ここぞという場面を、外してしまうのは、もったいないと思う。
    数えきれない程の撮影関係がいるのだから、視聴者が見たいもの、見たくないもの、もっと理解してほしい。
    顔アップばかりじゃなく、足元を映すのも気にしながら撮ってほしいし、ショーでも、顔ばかりのアングルは、ストレスで発狂しそうになります。
    フィギアの選手は現役時代が短いのだから、ノーミスじゃなくても、神アングルで記録してほしいんです。

  • 10
    由美子  2017/09/30(土) 19:57:12  ID:0190db82c

    ただただ、羽生結弦選手を応援します。負けん気の強さと競技者としての純粋な心が大好きです。羽生結弦その人が誰にも届かないところに到達しますように。怪我をしませんように。

  • 11
    ゆづりん  2017/10/17(火) 02:17:02  ID:e7cc17edc

    「ペルーで五輪熱じわり 羽生に憧れ跳ぶ1回転」

     リマ市内の中心部にある遊戯施設内で、子どもたちの声が響き渡る。2011年に完成したという同国初の常設リンク「アイスランドパーク」だ。「日本から来たの? ここでユヅル・ハニュー(羽生結弦)を知らない人はいないよ」。日本から見て地球の反対側にある国の子どもたちが口々に14年ソチ五輪の男子金メダリストに親しみを込めていた。

    https://mainichi.jp/articles/20171016/k00/00e/050/216000c

    偶然にも震災の年の2011年に完成したという遠い異国の地、南米ペルーのアイスリンク。ペルーというとサッカーやバレーボールなどの球技が盛んな国。そこでみんなとは違うスポーツをやりたい!の声。南米でアイスリンクを作りフィギュアスケートをやってみたい!というとても素敵な情熱を感じました。

    お写真の女の子。羽生選手のSEIMEIのポーズで。

    わぁ☆彡かっこよく決めていますね!

    地球の反対側に位置するペルーで、とても楽しんでいる様子が伺え、大変感慨深かったです。

    今夜の報道ステーションの中での羽生選手の今回の弓弦羽神社での御参りのシーン。お辞儀は大変穏やかでありながらも、二拍手の際の力強い音が、胸にじわりしっかりと伝わってきました。羽生結弦選手の志。見て聞いて感じ取れました☆彡

    修造さんとの対談では羽生結弦選手の今の想いが聞けて、とても嬉しかったです☆彡
    ました。羽生くんの素直な胸の内、言葉もすんなりと耳に入ってきてアスリートらしくとても好きです。
    そして、修造さんの最後の言葉にとても気持ちがあたたまり修造さんの言葉も改めて好きだなぁって感じています。修造さんの現役時代、叔母に連れられ有明で観戦。記憶が蘇ります。修造さんのアスリート魂たっぷりのカレンダーは家族もお気に入りで毎日見られる場所に。他にサッカー長谷部誠選手の言葉も大変心に残るため、著者「心を整える」は日頃心の支えにも。今は怪我でなかなか苦しんでいますがやはりキャプテン長谷部選手がいない代表戦は、どこかぽっかりと皆心に穴が空いてしまい、改めて彼の代表試合では欠かせない圧倒的な存在感に気付かされております。

    「圧倒的な存在感」☆彡

    フィギュアスケート界では、羽生結弦選手でしょう☆彡彼がいなくなってしまったら…
    考えたくないことですし、想像したくないことなのですが、フィギュアスケートは、サッカーもですけれど(キングカズさんは別格)現役はそう長くは続けられないという競技…悲しいですが、寂しいですが、致し方無い、といった日々が、いつかはやってくる…
    それがいつになるかは、身体のコンディション、心のコンディション、とともに、日々変化があり大きく関わってくることなので、とてもデリケートなことでもあるので、今はそっとあたたく見守りたいです。。☆彡

    羽生結弦選手にエールを☆彡:*+.\( ´ ▽ ` )/.:+

    結晶‼︎ロステレコムへ想いを込めて☆彡
    https://youtu.be/4fwMuOdlAC4

    平昌五輪にピークを合わせ、一歩一歩、肩の力を適度に抜きながら、心身ともにリラックスも上手にされながら、体調を整えられ、その時々に羽生結弦選手が思い描く演技が出来ますように☆彡

    そしてリラックスにはきき湯ですね☆彡
    11月1日より発売╰(*´︶`*)╯♡
    【羽生選手バージョン】
    ◆気分やすらぐ森林浴調の香り
    ・香料成分中に、森林由来の天然エッセンシャルオイル配合。
    ・清々しく澄んだ森林の中にいるような深いやすらぎ感のある香りです。
    https://www.bathclin.co.jp/news/2017/1016_4551/
    素敵なお写真のボトル☆彡
    香りも森の中にいるような…と、ホプレガにぴったりです☆彡
    お風呂では深いやすらぎ感のある香りに癒され、フィギュアでは深い情熱のある羽生選手の滑りに癒されたいです☆彡(*´꒳`*)

    いつも、応援しております☆彡
    お身体にどうかお気をつけてがんばってください・:*+.\( ´ ▽ ` )/.:+