アナスタシヤ・グバノワ JGPオーストリア杯2017 ショート演技 (解説:英語)

ジュニアグランプリシリーズ第2戦、オーストリアのザルツブルク(Salzburg)で開催された国際競技会「JGPオーストリア杯2017(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Cup of Austria 2017)」、ロシア代表-アナスタシヤ・グバノワ(Anastasiia GUBANOVA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年9月1日
曲名:ルイ・アームストロング&エラ・フィッツジェラルド 「サマータイム」 (Summertime performed by Louis Armstrong, Ella Fitzgerald)
技術点:30.00
構成点:25.99
減点:2.00
合計:53.99

<Ella Fitzgerald & Louis Armstrong
エラ・フィッツジェラルド & ルイ・アームストロング


『アナスタシヤ・グバノワ JGPオーストリア杯2017 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (7件)

  • 1
    ほし  2017/09/02(土) 09:14:32  ID:07dac8ddf

    グバノワちゃんの成長にビックリでした(驚)
    優勝と思ってましたが、ジャンプが不安定に…

  • 2
    HK  2017/09/02(土) 09:21:54  ID:59039ce4f

    ほんと。随分成長しました。フリーの出来栄え次第では優勝は誰だか分かりませんね。成長期乗り越えて頑張って欲しいです。
    ロシアと日本は国内が熾烈ですね。。

  • 3
    ジャガミカン  2017/09/02(土) 14:25:52  ID:17cbcdd68

    静止画だとなんとかグバノワだとわかるけど、動いているところを見るととてもグバノワだと思えないくらい成長していますね。
    私も優勝はグバノワだと思っていたけど、無理そう。
    去年の天才の儚げな少女は何処へと思いました。
    表現力が落ちているような気がするけど、ミスが多かったからですかね。
    去年もミスはあったし、フリーでは挽回してほしいです。
    なんだかんだでロシアのジュニア代表に名を連ねるのも大変ではあるし、それを勝ち抜いてるわけだから期待したいですね。

  • 4
    ツキ  2017/09/02(土) 14:34:29  ID:dce200eef

    見事な変化だ~6練で探すけれどわからなかった。コスチュームは素敵だなと確認してたのに。

    国内戦200点越えで一人早々とシリーズ派遣も決まって調子がいいのだろうと思っていたけど安定しないのでしょうね。

    残念なSPだったけれどただ、昨シーズンまでのジャンプの癖、
    踏み切る時に左肩をグッと入れ込んで跳ぶのが無くなっていました。
    いいと思います!!!

    グバノア選手は五輪には出られないけれど是非北京五輪には安定した戦績を残して出場して欲しい。
    体型変化後もポテンシャルの高い選手が活躍して欲しい。
    成長後こそ選手の真価が評価されるスポーツでありますようにと思いますし、そう乗り越えられますようにと願います。

  • 5
    Da Capo  2017/09/02(土) 15:20:18  ID:32d4ddcac

    可憐で儚げで、バレリーナというか お人形さんのようだった彼女が、1年で すっかり女性らしくなって綺麗なお姉さんに変貌していて驚愕しました。
    変貌ぶりがフェディチキナ選手のようだと思ってしまった(^^;

    成長期でジャンプが不安定なように見えますが、先日のロシアの国内大会では FSは140越えでリーザ選手をも上回っていたと聞くので、まだわからないと思います。

    ただ ジャンプに癖があると成長期に苦労する(もっと悪いと 最悪そのまま跳べなくなったりもある)のはよくある話で、本格的な成長期に突入する前に直して欲しいんだけどなぁ…。

    このSPだって、この年齢で滑りこなすには相当難しい曲なのに 表現できていて、ジャンプ以外は素晴らしいので、今のままでは勿体なさすぎる。。。

  • 6
    yuria  2017/09/02(土) 15:48:41  ID:485ffd144

    ああ、あの天使のような、妖精みたいに儚げなグバノワちゃんが大きくなってしまった、なんて残酷なの(ToT)

    もともと二の腕や身体がふっくら気味の子だったので、成長早いかな?太りやすい体質かな?と心配でしたが、お胸が少し出て来て、少女から女性の体型になりつつありますね…

    もともとジャンプ低空なので、体型変化で軸が太くなりコントロール難しいんでしょうね(T^T)

    でも滑らかで無理のないスケーティング、しなやかな身体の動きはロシア女子ピカイチだと思います
    正確で丁寧なエッジワークするのでタラカノワよりSSは上だと思うんですが
    身体の傾け方も上手くエッジに垂直に乗ってて、エテリ門下生みたいにバラバラじゃないのがいい!
    何とか乗り越えて欲しいです

  • 7
    るる  2017/09/03(日) 00:14:25  ID:3a18ed251

    セラフィマのように並んで欲しい。

    一瞬誰だかわからなかった涙