ケイトリン・グエン JGPブリスベン2017 フリー演技 (解説:英語)

2017年ジュニアグランプリシリーズ第1戦、オーストラリアのブリスベン(Brisbane )で開催された「JGPブリスベン2017(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Brisbane 2017)」、アメリカ代表-ケイトリン・グエン(Kaitlyn NGUYEN)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2017年8月26日
曲名: ダニー・エルフマン 映画『アリス・イン・ワンダーランド』より (Alice in Wonderland (soundtrack) by Danny Elfman)
技術点:57.78
構成点:49.37
合計:107.15

アリス・イン・ワンダーランド
DANNY ELFMAN


『ケイトリン・グエン JGPブリスベン2017 フリー演技 (解説:英語)』へのコメント (1件)

  • 1
    ジャガミカン  2017/08/26(土) 19:33:04  ID:81a858025

    アメリカの選手はジュニアのときは本当に細い。
    でもシニアに上がると急激に太るんですよね。
    怪我したうわさのある選手はほぼ太って帰ってくる。
    そして痩せたかと思えば、次のシーズンではまた太る。
    この子も細くて、軽々ジャンプを跳んでいるから良いけど、きっと体が大きくなるんでしょうね。
    アメリカ女子は才能ある選手が日本同様多いけど、ほとんどの選手が太るんですよね。
    太ってもジャンプが跳べる選手は良いと思いきや、どうしても安定しないか、回転不足に悩まされる。しかも怪我も多いんですよね。
    日本選手は怪我してもいきなり太る選手は少ないから、復活してくる選手が多いんですけどね。
    細いだけじゃだめですが、アメリカ選手は体型キープを頑張ってほしいです。
    アメリカ女子選手は表現力豊かな選手が多いから、体型さえクリアできれば、活躍できるのにな。
    この子も体型をキープしていけば、十分活躍できそうです。