アレクセイ・クラスノージョン JGPブリスベン2017 フリー演技 (解説:英語)

2017年ジュニアグランプリシリーズ第1戦、オーストラリアのブリスベン(Brisbane )で開催された「JGPブリスベン2017(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Brisbane 2017)」、アメリカ代表-アレクセイ・クラスノージョン(Alexei KRASNOZHON)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2017年8月25日
曲名:アンドレア・ボチェッリ 映画『グラディエーター』より「ついに自由に」 (Nelle tue mani by Hans Zimmer, performed by Lisa Gerrard, Andrea Boccelli)
技術点:69.45
構成点:66.88
減点:2.00
合計:134.33

シネマ ~永遠の愛の物語
アンドレア・ボチェッリ



『アレクセイ・クラスノージョン JGPブリスベン2017 フリー演技 (解説:英語)』へのコメント (3件)

  • 1
    たらループ  2017/08/25(金) 20:35:09  ID:2fd878b0e

    4Lo失敗しちゃったけどいい感じですね〜。
    サルコウもなんかそのうち4回転になりそうですね〜。
    完璧な演技したら、ジュニア最高得点や平昌狙えるかもしれないですね〜。楽しみです。

  • 2
    []  2017/08/25(金) 22:38:28  ID:39b36f1fe

    平昌の出場枠でアメリカは3枠、
    その3人は、今の勢力図から言うと
    ネイサン、ブラウン、ヴィンセント(リッポン???)の中の誰か
    平昌に向けて、まずは4回転を2種類(多分次はサルコウ???)以上揃えるのと、演技構成点70台後半欲しいですね。70点も行かないようではアーロン選手にも負けてしまいそう。
    今年のジュニアを制するのは多分この人なのでもっと点数が伸びれば良いなぁと。

  • 3
     2017/08/26(土) 07:23:16  ID:6fe4b9247

    ジュニアデビューの時よりは上手くなって
    身体もスッキリして
    いいなと思うのですが
    ループが試合でなかなか決まらないのが残念
    後半はバテバテだし、もう少し頑張って
    愉快だし、表彰式も3人とも楽しそうで良かったです。
    表彰台は皆んなロシア人でした。