ロマン・サヴォシン JGPブリスベン2017 フリー演技 (解説:英語)

2017年ジュニアグランプリシリーズ第1戦、オーストラリアのブリスベン(Brisbane )で開催された「JGPブリスベン2017(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Brisbane 2017)」、ロシア代表-ロマン・サヴォシン(Roman SAVOSIN)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2017年8月25日
曲名:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ 「トッカータとフーガ ニ短調 (BWV565) 」 (Toccata and Fugue by Johann Sebastian Bach)
技術点:65.62
構成点:61.90
合計:127.52


『ロマン・サヴォシン JGPブリスベン2017 フリー演技 (解説:英語)』へのコメント (2件)

  • 1
     2017/08/26(土) 14:05:36  ID:6fe4b9247

    サヴォシン君、あまり上達していない
    それでも表彰台なので不思議である。

  • 2
    _(-o-)_  2017/08/26(土) 20:10:54  ID:9bffd7cec

    頭角を現してから2シーズン目、化けるかと思いきや昨シーズンの方が上手だったのでは???
    怪我の影響もあるのか、4回転の入りがコフトゥンよりも酷くて演技が途切れてますね