ジェイムス・ミン JGPブリスベン2017 ショート演技 (解説:英語)

2017年ジュニアグランプリシリーズ第1戦、オーストラリアのブリスベン(Brisbane )で開催された「JGPブリスベン2017(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Brisbane 2017)」、オーストラリア代表-ジェイムス・ミン(James MIN)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年8月24日
曲名:ワンリパブリック 「この素晴らしき世界」(What A Wonderful World performed by One Republic)
技術点:36.32
構成点:26.14
合計:62.46


『ジェイムス・ミン JGPブリスベン2017 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (2件)

  • 1
    苺タルト  2017/08/24(木) 19:41:30  ID:9e1a8d3ce

    全体的に素晴らしい演技でした!
    今シーズンから新たに3アクセルをプログラムに入れて挑戦していて、それもあと少しで成功しそうな感じなので、フリーで決めてほしいです!
    この選手は、昨シーズンのジュニアグランプリシリーズ第3戦日本大会で知って、「一つ一つのジャンプの回転軸が凄い細くて綺麗から、もう少しジャンプを着氷する時の安定感が増せば、3アクセルとかの難しいジャンプも跳べるんじゃないかな。」と感じた選手です。
    今シーズンはジャンプを着氷する時の安定感が凄い増していて、スケートも滑りが綺麗になっていたので、そのことも素晴らしいです!
    フリーも素晴らしい演技をして、ショートはナ.ナント4位とメダルが狙える位置にいるので、自国開催のこの大会でメダルを獲得してほしいです!応援してます!

  • 2
    しろくま  2017/08/24(木) 20:08:53  ID:fd59e0bcc

    ジェイムスミンくん!柔らかい動きに間の取り方が
    心地よいです。ずっと見ていたくなる演技でした〜
    自己ベスト7点くらい更新!してキスクラで点数出た後
    しばし、放心状態でした(動かなかった)^^