木科雄登 アジアフィギュア杯2017 ショート演技 (ホームビデオ撮影)

香港で開催された国際競技会「アジアフィギュア杯(2017 Asian Open Figure Skating Trophy)」、日本代表- 木科雄登(Yuto KISHINA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年8月2日
曲名:カミーユ・サン=サーンス 「死の舞踏」(Danse Macabre, op.40 by Camille Saint-Saens)
技術点:21.61
構成点:26.32
合計:47.93



『木科雄登 アジアフィギュア杯2017 ショート演技 (ホームビデオ撮影)』へのコメント (2件)

  • 1
    シューアイス  2017/08/04(金) 10:11:55  ID:9a8a6331f

    ジャンプミスはありましたが、フォームなどに先輩の無良くんを彷彿させる瞬間が何度もありました。ツイッター上での先輩と一緒に跳んだ完璧な3Aは記憶に新しいところ。今後も注目したい選手です。

  • 2
    Da Capo  2017/08/04(金) 21:58:14  ID:f331c2bf4

    木科選手、実は 昨季の日本のジュニア勢の中で 1年前からの変貌ぶりに最も驚いた選手でした(^^;

    このSPもカッコイイけれど、昨季のSPも 彼の滑らかなスケーティングがよく映えるプログラムで、すごく好きでした。
    JGP横浜大会とクープ・ド・プランタン杯の演技は 何度リピしたことか♪
    (個人的には 持ち越しも歓迎だったんだけど)

    今季はついに 3Aを投入したんですね!
    日本のジュニア男子は、今季から3A投入組が多そうだな〜(^^;

    JGP頑張って欲しいです。今回はうまく入らなかったけれど、次は試合でバッチリ決まりますように!