イ・ジュンヒョン 韓国五輪&JGP選考会 フリー演技 (解説:韓国語)

韓国・ソウルで開催された韓国国内競技会「韓国五輪&JGP選考会」、イ・ジュンヒョン(June Hyoung LEE)のフリースケーティング演技の動画です。
*ジュニアはJGPの代表選考会、シニアはオリンピックの第1回代表選考会で各種目の優勝者はネーベルホルン杯出場。


Date:2017年7月30日
曲名:クイーン 「ボヘミアン・ラプソディ」  (Bohemian Rhapsody by Queen)
技術点:71.50
構成点:79.50
合計:151.00

ジュエルズ
クイーン


『イ・ジュンヒョン 韓国五輪&JGP選考会 フリー演技 (解説:韓国語)』へのコメント (4件)

  • 1
    ところてん  2017/08/02(水) 13:54:34  ID:76fc70545

    ネーベルホルン6位以内がんばって〜〜〜!

  • 2
    メイ  2017/08/02(水) 14:13:31  ID:f9f4213ee

    この時期の試合はつらいんではなかろうか。

    曲との一体感が難しそう、後半は盛り上がってきました。
    女子陣は結構豊富で男子がちょっとオリンピックまにあわないような波風。ホスト国としては応援したい。

  • 3
    さらら  2017/08/05(土) 21:24:51  ID:82362a9c1

    韓国選考会で、このブログが一位になっていましたよね?結論としてフィギュアスケートのブログは、韓国人の人口が多いんだと
    思いましたね。こりゃ絶対腐敗していくな・・・・。

  • 4
    Disney 鴨  2017/08/07(月) 17:34:15  ID:183acb66c

    ネーベルホルン杯では、ジュンヒョン君が、ノーミスで滑れば、ジャッジの皆様には、五輪開催国の選手ということで、気を利かせて、GOEとPCSをおまけしてほしいですね。