ハビエル・フェルナンデス ファンタジー・オン・アイス2017神戸公演 (解説:日本語)

兵庫県神戸市の神戸ワールド記念ホールで開催されたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス2017in神戸(P&G Presents Fantasy on Ice 2017 in KOBE)」、ハビエル・フェルナンデス(Javier Fernandez)の演技動画です。


Date:2017年6月9-11日
曲名1:木下航志  「ア・ソング・フォー・ユー」 (A Song for You performed by Koshi Kishita)
曲名2:チャップリンメドレー

『ハビエル・フェルナンデス ファンタジー・オン・アイス2017神戸公演 (解説:日本語)』へのコメント (3件)

  • 1
     2017/06/15(木) 01:24:31  ID:e362204a3

    「A Song for You」は
    いまいちかなぁ…
    チャップリンは生き返ったみたいに演技してます
    得意分野ですね、ハビのプロは毎年楽しみなんで
    フリーは全く違うカッコいいのを頼みます。

  • 2
    Da Capo  2017/06/16(金) 00:45:50  ID:41df71341

    A Song for You、私はすごくイイ!と思いましたよ^^
    現地で見て どうしても我慢できずに初スタオベしたのはこのプログラムでしたから…。

    ハビエル選手はいつも明るくてひょうきんだけど、カッコイイ大人のプログラムもこなせるのが素敵です。
    技術も素晴らしくて、オープニング等で3Aを跳ぶ時も「クリケ組は、ショーでも3Aはステップから入るんかい!」と突っ込みたくなるくらい(笑)

    五輪シーズン、ソチであと一歩のところで逃したメダルを手にすべく、怪我に気をつけて頑張って欲しいです。
    FSは どんなプログラムを持ってきてくれるか 楽しみ〜♪

  • 3
    ひのえうま  2017/06/16(金) 15:07:42  ID:baf62f903

    A song for youもチャップリンも素敵ですね。
    (木下さんの声もピアノもイイ)

    SPのチャップリンは、2回ある曲の転換がいずれもスピンでスムーズに誘われ、あっという間に終わったように感じられるにもかかわらず、一編の映画を見た後のような満足感も得られ、すでに私の偏愛プロとなっています。

    フリーですが、海外ソースによると、スペインの有名なキャラクターをベースにしたプロ、だそう。私にはドン・キホーテしか思いつかないのですが、バレエは主役がバジルですから、じゃ、ラマンチャの男?見果てぬ夢?見果てぬ夢といえば、パントン。
    ということでパントンのバンクーバーのフリーをみてひと泣きしてきたところです。

    実際はどうなるかわかりませんが、お披露目が楽しみです。