エレーナ・ラディオノワ 国別対抗戦2017 ショート演技 (解説:なし)

エレーナ・ラディオノワ 国別対抗戦2017

東京都渋谷区の国立代々木競技場第一体育館で開催された国際競技会「世界フィギュアスケート国別対抗戦2017(ISU World Team Trophy 2017)」、ロシア代表-エレーナ・ラディオノワ (Elena RADIONOVA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年4月20日
曲名:ジョージ・ガーシュウィン 『ポーギーとベス』より  (Porgy and Bess by George Gershwin)

技術点:38.38
構成点:33.83
合計:72.21

Laurent Korcia: Cinema
Laurent Korcia


東京開催、世界フィギュアスケート国別対抗戦2017の大会情報、出場選手&結果。日本からは羽生結弦、宇野昌磨、樋口新葉、三原舞依が出場。

(解説なし)

(解説なし)

『エレーナ・ラディオノワ 国別対抗戦2017 ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (3件)

  • 1
     2017/04/21(金) 07:25:41  ID:af00de0bf

    レーナ、すごいです
    後半にループのコンビネーションに変えてきたのね
    女子はシーズンベストをバンバン出してるんだから
    もっと点数出てもいいのにね。
    魅せ方が本当に上手い!
    まだまだ身体は大きくなってる感じですが
    頑張ってる

  • 2
    アジサイ  2017/04/21(金) 07:38:27  ID:45e4110b0

    とても上手いです。でも何故か手の動かし過ぎが気になって仕方ありません。ロシア選手に共通する振り付けなのでしょうが、どうも好みではありません。ガチャガチャした腕の振り付けなしでも観客を魅了する実力があるのに。。。と思ってしまいます。
    主観的な意見で申し訳ないですが、余分なものを削った美しさが今の彼女なら表現できるのでは。。。

  • 3
     2017/04/21(金) 08:04:54  ID:af00de0bf

    追っかけですか?やだなぁ
    レーナ、ユニバから頑張りましたもんね。
    フリーは分かりませんけど。