カレン・チェン 世界選手権2017 ショート演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)

カレン・チェン 世界選手権2017 

フィンランドのヘルシンキ(Helsinki)で開催された国際競技会「2017年世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championship 2017)」、アメリカ代表-カレン・チェン(Karen CHEN)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年3月29日
曲名:デイヴ・グルーシン 映画「黄昏」より (On Golden Pond by Dave Grusin).
技術点:38.35
構成点:31.63
合計:69.98

フィンランド開催、2017年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。日本からは羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事、本郷理華、樋口新葉、三原舞依が出場。

(ロシア語)

(イギリス英語)

(スペイン語)

(解説なし)

(インタビュー)

『カレン・チェン 世界選手権2017 ショート演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)』へのコメント (12件)

  • 1
    るる  2017/03/29(水) 21:09:57  ID:b91aba930

    初めのコンビネーション、ダウングレードではないのかしら?

  • 2
    らん  2017/03/29(水) 21:14:59  ID:ea8dbf50f

    このTは回転足りていないですね。
    加点いくつ貰えたのでしょうか。

  • 3
     2017/03/29(水) 21:18:29  ID:1c435d0a9

    回転足りてないのとLoがステップからすぐってのが気になるけど・・ほかは日本女子完敗。
    美しいスパイラルやスピンって大事だな。
    この演技すんごく引き込まれた。

  • 4
    あいけ  2017/03/29(水) 21:44:56  ID:11b5d5042

     今回の女子SPで好きなプロの1つ。 国際大会でもほぼパーフェクトやりました!  黄昏という映画は全く観ていないけど、チェン選手の表現する世界がいいなと。 振り付け(特に出だしのポーズをとるところから)と衣装が好き。
     もともとスピンきれいで柔軟性もあって、シニアにあがったときから注目していました。 ジャンプさえ決まれば~ がかなって良かった。 雰囲気の違うFSも上手くいきますように。

  • 5
    もう一人の通りすがり  2017/03/29(水) 23:09:44  ID:6dce80100

    技術的なことはよくわからないけれど、すごくいい演技だった。感動した。この指先まで神経行き届いているところ、日本の若手ちゃんも見習ってガンバー!

  • 6
    ジャガミカン  2017/03/29(水) 23:41:16  ID:3d297cbd6

    やっぱりこの極上のスパイラルは素晴らしい。
    ショートのスパイラルシークエンス復活しないですかねと思わせてくれました。
    ジャンプが決まってくると、なおさら際立つ。
    アメリカは五輪3枠を取るのにゴールドがいないと厳しいかなという印象でしたが、ワグナーとカレンでいけそうですね。
    とはいえ気は抜けない。
    実力はあるので、あとはそれを発揮するだけ。
    フリーも実力が発揮できると良いです。

  • 7
    みすみ  2017/03/30(木) 00:52:31  ID:5b23fa1d2

    美しい演技に鳥肌がたった。
    タラソワさんの解説が理解できたらどんなにいいかとおもった。
    「カタルシス」といったように聞こえたが、、、
    確かに心が現れるような演技でした。

  • 8
     2017/03/30(木) 01:51:12  ID:fcb6ef839

    四大陸が不調で残念でした。
    良かった〜 カレン、美しいな〜
    フリーも頑張って欲しいな

  • 9
    Circle  2017/03/30(木) 11:07:59  ID:405fa44e8

    SPは彼女自身の振り付け。
    自らの長所を最大限に魅せるのには最も有効な手法。
    上手く行けば説得力が凄い。
    勿論センスが不可欠ですが皆さんの心に響いたところをみると
    彼女の才能は本物ですね。
    回転不足になりがちなジャンプがアキレス腱だけど自己プロデュース力の高いところはアメリカの選手らしい。
    ワグナーが自分の魅力を最大限に生かすテクニックを持っているように。

  • 10
    本棚の左下  2017/03/30(木) 16:04:21  ID:fed5fa265

    冒頭のポーズを取る為、下からすうっと腕を上げる所からもう役に入ってましたね。
    このプログラムホント好きです。
    カレンちゃん素晴らしい才能をお持ちですね。

    それにしても“鳥”って入り込みやすいのかな?
    色んな鳥プロありますが皆さん結構な入り込み具合でしたよね。
    日本で記憶に新しい所ではあっこちゃんの“O”や町田君の“火の鳥”なのですがなかなかの鳥具合でした。
    猫プロはキュートなものが多いですが鳥プロは気高さを表現できるのでフィギュアの題材として人気があるのでしょうね。
    精悍な男子選手、猛禽類をモチーフに誰かやってくれないかなあ(笑)

  • 11
    もう一人の通りすがり  2017/03/30(木) 18:41:05  ID:c7b2c9b0d

    本棚の左下さま
    なるほど、「鳥プロ」。。。
    さすが「左下からの視点」ですね!

  • 12
    anna  2017/03/31(金) 18:00:41  ID:57282deb6

    カレン選手、衣装と曲がとっても素敵‼︎
    振付もご自身でなさったのですね。
    スパイラルが秀逸で、何度でも見たくなります。ミッシェルクワン選手を思い出したりして✨
    カレン選手は、ニコニコしてて好きです。フリーも頑張って、表彰台に立ってほしいな。