The Blade Boys 世界選手権2017男子シングル&アイスダンスプレビュー (2017/3/25-英語)

カナダの元フィギュアスケート選手が運営するポッドキャスト番組「The Blade Boys」で世界フィギュアスケート選手権男子シングル&アイスダンスの優勝候補選手・展望について語った動画です。映像は「The Blade Boys」のYouTube公式チャンネルで公開されたものです。

    テッド・フレット氏の予想(右)

  • パトリック・チャン ネイサン・チェン 
  • 羽生結弦
  • ハビエル・フェルナンデス
    Mith Das氏の予想(左)

  • 1位 羽生結弦
  • 2位 ネイサン・チェン
  • 3位 宇野昌磨

『The Blade Boys 世界選手権2017男子シングル&アイスダンスプレビュー (2017/3/25-英語)』へのコメント (12件)

  • 1
    管理人様  2017/03/26(日) 21:40:50  ID:4e54ccf58

    テッド・フレット氏の予想(右)、正しくは

    ネイサン・チェン
    羽生結弦
    ハビエル・フェルナンデス

    です。(@_@)しましたよね!

  • 2
    雪りす  2017/03/27(月) 16:21:08  ID:45d0188e8

    アイスダンスを見ることは、今まであまり無かったのですが、
    たまたま、フランスの「パパダキス&シゼロン」の演技を見て、
    他の組とは何かが違う、素人の私にもそう感じさせるものがありました。
    二人が氷上に現れた瞬間から、あたりを静謐な空気が支配し、美しく幻想的な世界に引き込まれてゆき、もうすっかり虜になってしまいました☆
    昨年は優勝。今回2位の予想をされてますが、もはや何位でも構いません。
    「パパ・シゼ」の演技が見らるだけで幸せです。^ ^

  • 3
    雪りす  2017/03/27(月) 16:23:22  ID:45d0188e8

    見らる → 見られる。^ ^

  • 4
     2017/03/27(月) 22:12:17  ID:5677303b1

    羽生君が1位予想は当然ですが、ハビも。
    ジャッキーさんといい、予想する方は
    宇野君をちょっと甘く見とりますなぁ
    宇野君の構成は最強で、四大陸は3Aが決まってたら
    すごいことになっていたのに
    もしかして羽生君、ハビに割り込んでくるかも。
    私の勝手な予感、予想です。

  • 5
    もう一人の通りすがり  2017/03/28(火) 00:01:04  ID:ab3196050

    動画を実は見ていないのにみなさんのコメントを先に読ませていただいたところで口を挟む厚かましさをお許しください。時々動画欄ですれ違いながらご挨拶するのは初めてかと思いますが、咲様、全く同感です。いや、私もね、本当のトータルパッケージで現時点で一番すごいのは宇野君だと思うんですよ。一番つなぎがすごくてジャンプとスピン自体が美しいの羽生君、ジャンプのみで一番すごくて音楽性が先天的に優れているのがネイサン(ただしまだ磨き込んでいない)、宇野君は4回転ルッツとサルコウはなくてもジャンプで決して引けを取らない構成で、かつ音楽的にも表現的にも(若いくせに)円熟して演技に説得力がある。ネイサンがこれから長くスケーターとしてキャリアを積むとして、真央ちゃんのバンクーバーの「鐘」のように、合っていないという批判を超えて内面的な世界・ドラマチック系あるいはほかのジャンルでも全力注いで新天地開拓するなら、彼ならものにするだろうと思いますし、自然にできてしまうバレエ的ポジションももっと意識して生かして、着氷を流れるようにしてつなぎ複雑にしたらもうかなわないかなとも思うけれど、今現在ではその辺はまだざっくりだし。やろうと思ったらできちゃうからそのあたり磨くことにあまり興味なかったりするのかなあ。大学に入って勉学の道を進むという話も聞いているし、そこまでやらないで辞めちゃうのかな。今でも、ほかの選手に比べてもしかしたら練習時間とか少なめだったりするのかな。確かに、長ければいいってもんじゃないけれど。勉強もスポーツも、限られた時間で質の良い努力が大切。ネイサンねえ。。天は時に誤って五物を与えてしまう。猿も木から落ちる。神様だって間違えちゃうことはあるってことかな。
     話は戻りますが、こんなこと言っていても、案外やはりハビやチャンが!?ってこともありますもんね。いやいや、試合が楽しみです。

  • 6
    くりゆき  2017/03/28(火) 17:32:54  ID:e2c0d93d4

    ネイサンが凄いのは、
    まあ踊りのセンスは感じさせるけどブラウン程圧倒的でも無く、
    スケーティングスキルに於いては今の所、
    羽生、宇野、ハビエルあたりと比べると明らかにスピードや滑らかさで劣ると感じるのですが、
    其れでも皆が優勝候補の一人として見逃せない一人となっている所です。
    ボーヤンが今季ちょっと不安定なのも有るが候補にも上がらない事を考えても、トータルバランスや成長率も期待値高いんでしょうねえ。

    ハビはこの中ではジャンプ構成では一段劣るでしょうか。
    羽生・ネイサンは今季はプログラムアピールにちょっと欠けるかも?(個人的印象)
    となると、宇野はジャンプ構成とプログラムアピール、シニア2年目という事で、技術・表現・経験のバランスが整っているかもしれませんね。

    とはいえ、羽生、ハビエルは今まで決める所でキッチリ結果を残してきた猛者。
    最後はミス無く演技したものが勝つんでしょうね。楽しみです。
    皆のコンディションが整っていますように…..。(祈)

  • 7
    ナル  2017/03/28(火) 20:53:26  ID:8efff295e

    チェン君
    フリーで4回転6回視野に入れてるとか、、
    口 ポカンだわ、、。
    これ成功してチェン君勝ったら
    何て言葉で形容するんだろ。

    フィギュアスケートがアクロバット格闘技になるね。

    1度のミスが致命傷と、今回いつも以上に言われてるけど、こないだの羽生君みたいな
    とんでもリカバリする選手も
    出てくるだろうしね、、、
    ほんとに誰が優勝するか、さっぱり見当つかん。
    ほんの昨季、
    羽生君一強色に染まり掛けたのがウソのよう。

  • 8
    Rena  2017/03/29(水) 01:13:03  ID:ece7788e9

    ネイサンの今季の台頭は大きい。
    今回のネイサンの演技次第で、羽生くん宇野くんの来季の構成も決まる。
    間違いなく平昌は4回転の跳び比べ大会となるね。

  • 9
     2017/03/29(水) 03:29:49  ID:24fea2427

    くりゆきさんはネイサンをいつも誰かと比べるのが
    なんかいつも面白いですね。

  • 10
    くりゆき  2017/03/29(水) 08:55:53  ID:0c11f1bfb

    @咲さん
    そうですね……。半年ほど前、
    ジャンプはボーヤンには及ばない…、
    ジュニアあがりなので安定性が~、
    とかコメントしてたのが、今は異次元の成長を見せ、強力な優勝候補の1人に…。この年齢の成長って恐ろしい。

    でも彼の本当の恐ろしさは、プログラムがハマれば、真のトータルパッケージとして更に飛躍しそうなポテンシャルを感じるところです。そうなったら誰が敵うのかなあ…。

    来季はジャンプ構成で史上類を見ない熾烈な争いになりそうなので、皆さん怪我だけは無いように祈ります。

  • 11
    FSF  2017/03/30(木) 12:52:43  ID:8d8c2a830

    ブレードボーイズによる世界選手権の結果予想をまとめてみました。意訳、省略ありです。ご参考までに。修正、付け足しなど歓迎です。
    テッド・フレット=T、ミト・ダス=M
    *****

    激闘の4回転時代を迎えた男子。注目選手は羽生、宇野、チェン、フェルナンデス、チャン、ジンの6名。いずれも優秀だが弱点もあり勝負の行方は分からない。技のリスクが高いためミスが出れば表彰台を逃す。たとえSPで3位以内に入ろうと総合結果に保証はない。ということで今大会の結果予想は非常に難しいが、僕たちはメダルの行方を次のように予想した。

    ミト・ダスの予想
    1位 羽生結弦 
    2位 ネイサン・チェン 
    3位 宇野昌磨 

    テッド・フレットの予想
    1位 ネイサン・チェン 
    2位 羽生結弦 
    3位 ハビエル・フェルナンデス

    M: 僕の中では羽生結弦が常に優勝候補。今季、ネイサン・チェンが4回転を決め始めるまでは。ネイサンは素晴らしい滑りで四大陸を優勝、結弦に大きな圧力をかけた。しかし世選では、ジャンプを回り切れば結弦が勝つと僕は予想する。今季の結弦は4Sがダブルになるミスが頻出、得点を下げた。GPFで優勝したもののFSではパトリック・チャンに負け、四大陸では総合でネイサンに負けた。今季の結弦は弱みを見せたが安定感は増している。四大陸では3Lzを4Tに変更し4回転を4本降りた。高難度ジャンプを跳ぶも4Sがダブルになり得点を下げた。ただし、ほぼクリーンならPCSは95+出せる。ここでネイサンより優位に立てる。SPで4点、FSで7点前後、差がつくだろう。結弦は今季、ステップアップを目指している。世界チャンピオンの奪還を切望しているだろう。実は1位予想はネイサン・チェンを選ぼうか迷った。4回転5本のネイサンの方が4回転3-4本の選手達より安定感があるから。全米と四大陸が良い例だ。世選では最低でも4回転を回り切るだろう。全米チャンピオンであり、四大陸でPCS88点をたたき出したネイサンは、パトリック・チャンやボーヤン・ジンを振り切るに充分な技術点及びPCSを出すだろう。少なくとも表彰台は確実。

    T: GPF、全米、四大陸でネイサンは相当自信をつけたはず。

    M: GPFではFSで勝った。驚いた。

    T: NHK杯とGPFの銀メダル獲得でネイサンは話題になり、四大陸では期待を上回った。面白いエピソードがある。「これほど騒がれ五輪前にプレッシャーでは?」と問われ、ネイサンは「全然。むしろ歓迎です。五輪に向け話題の中心になりたい」と答えた。全く動じない。僕が弓弦を銀メダルに予想した理由はこうだ。昨季のNHK杯とGPFは凄かった。だがピーキングが早過ぎ、世選まで勢いを維持できなかった。今季はピーキングを合わせて来るかもしれない。しかしクリーンな演技が一つもなく、あちこちミスが出ている。プログラムもさほど頼りにならない。昨季のフリープロ“SEIMEI”は素晴らしく、特に高いPCSを得た。プリンスプロは一般的に支持されにくいかも。

    M: 僕は好きだけど。

    T: 好き嫌いが分かれる。僕は後者寄り。FSは、よそよそしく淡々とした曲で不可解。ネイサンの方が分かりやすいプロだ。ネイサンも芸術面で批判されているが、『ドン・キホーテ』や『ポロヴェツ人の踊り』などクラシック音楽の方が入りやすいと思う。

    M: プリンスプロは凄いよ。キャラクターもエネルギーもいい。結弦のSPでは傑作のひとつ。結弦はエレガントなイメージがあるが、こういうのも出来るんだ!と意外。ハビエル・フェルナンデスが『プラック・ベティ』を演じた時のように。枠から外れるのは新鮮でいい。ウォーミングアップの時は良いけど、結弦は難度の高いプロをまだマスターしていないと思う。

    T: 冒頭の4Loは素晴らしい。何度も成功させている。

    M: 今季のFSは昨季の“SEIMEI”が持つ物語性や迫力、興奮に欠ける。四大陸で4回転を4本入れたのは戦術として素晴らしいが、今季は技術の向上を最優先とした結果、プログラムがある意味犠牲になっている。ジャッジにはあまり影響無いようだが。解釈に力を入れていないと思う。少なくとも四大陸では、ステップシークエンスあたりまでそう感じた。演技というより仕事。技術面の向上がこういった影響を及ぼしている。とは言っても、オリンピックイヤーは傑作を用意するだろう。今季のFSがあってこその作品となるだろう。SPはとても良いと思う。結弦は世選で必ずしも良い演技をするわけではないので一位になるとは限らないが、王座奪還に燃えているはず。

    T: フェルナンデスはGPFのFSで苦戦したが、ヨーロッパ選手権では良い演技を見せた。今年は良い経験をし、世選の糧となっただろう。(昨季の)ボストン世選は滑走順が結弦の直後で大きなプレッシャーがかかったが、完璧な演技だった。結弦にミスが出たことを演技前に知っていたかもしれない。チャンスを目の前にし却ってしくじる人もいるが、ハビエルはしっかりチャンスを掴んだ。

    M: 12点もの点差を気にしていなかった。男子は大きなミスの一つ二つが勝敗を左右する。4回転がダブルになった結弦が四大陸の優勝を逃したように。もしくは、それに続くハーフループの後、3Sを跳ばなかったのも敗因の一つ。跳んでいればポイントが入りネイサンに勝てた。これも僕が結弦を世選チャンピオン候補に選んだ理由だ。つまりネイサンが結弦に勝つには完璧な演技をした上で結弦に大きなエラーが出る必要があったという事実。でもネイサンがSPもFSも完璧な演技ができるのは過去3戦で証明済みだけどね。ハビエルも間違いなくメダル候補。

    T: 宇野昌磨を3位に選んだよね?

    M: 宇野昌磨は伏兵。表彰台に飛び乗る準備はできている。彼の4Loは驚くほど華麗。結弦も日本のファンも気を悪くしないで。昌磨も日本人だから誉めてもいいよね(笑)。昌磨の4Loは滑らかで最高。それと4F。4Fはプレロテと言う声があるけど問題ないと思う。後半を盛って難度を上げている。問題は3A。四大陸と冬季アジアで転倒した。冬季アジアは何とか優勝したが、僕はジンが勝ったと思う。世選では4Loと4Fを決め、技術の向上が課題。技術的にはハビエルとほぼ変わらないが、PCSで昌磨が少し上回っている。世選で昌磨は多くの人々を驚かせた。彼のスケーティングスタイルやクオリティがとても好きだ。フリープロはだんだん好きになって来た。ちょっと変わったボーカルだが見る分には良い。解釈が難しい曲を昌磨はとてもよく解釈している。

    T: 情熱的なタンゴだ。昨季からPCSが上がり続けている。緑色の衣装をやめたのは良かった(笑)。今季は最高の素材に恵まれた。

    M: 同感。世選で昌磨は目を引くだろう。とてもシャイで大人しいのに氷上では存在感が凄い。スムーズなジャンプと流れるような動き。スプレッドイーグルを入れた繋ぎもいい。技術面だけじゃなく、どんどん上達している。4Sも跳べるから、もしかすると入れて来るかも(笑)。

    T: 単に日本男子の二番手じゃなく、進化しながら結弦に迫っている。今年は分からないが、来季は結弦を追い抜くかも。

    [表彰台の予想は以上ですが、他にもパトリック・チャンとボーヤン・ジンに触れていたので以下に要約します。]

    パトリック・チャン
    わずかだがパトリックにもメダルのチャンスはある。昨季同様、浮き沈みが激しく不安定。今季は四大陸でピーキングならず自信となるような成績は残していない。GPFのSPはほぼ100点越えの良い出来でカナダ選手権では素晴らしいFSを演じたが。彼の滑りは世界一。ネイサンや結弦の技術があれば文句なくパトリックが世界チャンピオンになるだろう。だが彼にそんな技術は無い。だが今も努力を続けている。4回転でパトリックを凌ぐ選手が多いためパトリック自身、優勝は期待していないだろう。でなきゃ勝つために必要な4SをSPに入れるはず。今は無理をせず、来季はSPに4Sを入れ、FSに4回転を3本入れると思う。ジャッジの評価が高く、高いGOEを得点源とするベテランだ。スケート技術は間違いなく世界一。滑走順がパトリックの前後となる選手にはプレッシャーがかかるだろう。

    ボーヤン・ジン
    演技力をよく磨いている。まだ熟達の域とは言えないが。『スパイダーマン』もFSの『道』も素晴らしい選択だ。観客を盛り上げている。成長すべき部分に挑戦し滑り切っている。勇気ある選曲。4回転を繰り出せるし、冬季アジア大会では良い滑りを見せた。世選もその勢いで臨んで欲しい。3枠維持を狙う国の枠取りに影響を及ぼすかもしれない。

    男子は4回転競争になる。四回転の本数を一緒に数えよう。楽しみだ。

    *****
    以上です。本当に楽しみです!

  • 12
     2017/04/03(月) 19:08:27  ID:e3e808d1f

    FSFさま、いつもありがとうございます。
    あまりにも予想が当たり過ぎて…
    宇野君は今季本当によく頑張って、努力の賜物ですね。
    超大物です。
    しかし、それ以上に羽生君が凄過ぎて身体が震えるほどです。
    スイッチが入った羽生君は誰にも止められない
    改めて凄いスケーターだと思いました。
    それとボーヤン君も素晴らしかったです。
    挨拶の時から自信満々に見えました。