エリザヴェート・トゥルシンバエワ 四大陸選手権2017 フリー演技 (解説:イギリス英語・ロシア語・中国語)

エリザヴェート・トゥルシンバエワ 四大陸選手権2017

韓国江陵市(Gangneung)の江陵アイスアリーナで開催された国際競技会「2017年四大陸フィギュアスケート選手権(ISU Four Continents Figure Skating Championships 2017)」、カザフスタン代表-エリザヴェート・トゥルシンバエワ (Elizabet TURSYNBAEVA)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2017年2月18日
曲名:久石譲 映画『もののけ姫』より  (Princess Mononoke by Joe Hisaishi)

技術点:52.13
構成点:59.65
減点:2.00
合計:109.78

もののけ姫 サウンドトラック
久石譲

韓国開催2017年四大陸フィギュアスケート選手権の出場選手&日程。日本からは、羽生結弦、田中刑事、宇野昌磨、本郷理華、樋口新葉、三原舞依が出場 ■開催日:2017年 2月14日 - 2月19日

(イギリス英語)

(ロシア語)

(中国語)

『エリザヴェート・トゥルシンバエワ 四大陸選手権2017 フリー演技 (解説:イギリス英語・ロシア語・中国語)』へのコメント (9件)

  • 1
     2017/02/18(土) 22:14:48  ID:ce9c4a1e7

    2度も最終滑走なんて…
    表彰台のチャンスでしたが仕方ないですね。
    タノタノは自分で選択したのでしょう。
    ワールドまでまだ時間はありますが
    どうするのかな。
    情感も出ていい感じになってきましたよね。

  • 2
    mack  2017/02/18(土) 22:20:14  ID:7b6ec5630

    曲を雄大にとらえていて素晴らしい表現。
    両手タノ、多用は今後も戦略になるのかな。
    後半通常のジャンプになってとてもきれいでした。

  • 3
    ぽん  2017/02/18(土) 22:37:34  ID:a2e45adb5

    プログラムをよく演じていたと思います。タノジャンプはまだモノにできていない印象、無理にタノして転倒しているように思えました。

  • 4
    ユウナ  2017/02/18(土) 23:03:13  ID:b71b1fba2

    もののけ姫あってます!
    タノはあまり無理にやらない方がいいな
    タノがかえってマイナスなような
    あっても2個くらいでいいな

  • 5
    tina  2017/02/18(土) 23:07:48  ID:e6eaa1e3b

    もののけ姫の曲に個人的には衣装は合わない、と思ってしまいました。(批判しているわけではありません。トゥルンシバエワ選手には衣装は似合っていますが・・)でも、久石譲さんの曲を選曲してくれるのは日本人として嬉しいです。
    ジャンプミスは残念でしたが、惹きつけられる演技で音楽にあっている振り付けだったと思います。
    これから体形変化など壁もあるかとと思いますが、次を(ワールドですか?)楽しみにしています。

  • 6
    マンゴーアイス♪  2017/02/18(土) 23:16:36  ID:ba4600662

    タケノコジャンプはハイリスクでしたね。
    決まれば高~い点が出ると思いますが...
    ワールドでタケノコをどうするか、悩みどころですね。

  • 7
    まりごっく  2017/02/19(日) 07:35:49  ID:03e8cee5e

    ソチ進行で追い出されるまではエテリに師事していたから、今もカナダのヴィザ問題でモスクワ滞在中にエテリ組へ練習に行くらしく、解説の英語部分を聞いてると、エテリがタノをやらせる目的と、オーサーが指導するデールマン選手みたいなジャンプが合ってんのか?ということらしい。

    キスクラの右隣は母親らしいけど、コーチが娘に何を言ってるか確認するでもなく、ヘラヘラしてるし。
    母親がこの体格なら体型変化がキツいかもしれず、ジャンプで混乱してて大丈夫なのかね。

  • 8
    獅子吼  2017/02/19(日) 08:47:03  ID:c5c96bde7

    おはようございます。
    管理人様 動画アップありがとうございます。

    毎回キスクラにいらっしゃる女性、お母様なんですね。
    様子からカザフスタンの方だろうとは
    思っていました。
    オーサーコーチもトゥルシンバエバ選手の時には
    カザフスタンのコートをお召しですよね。
    国際大会でお国の露出は、よい機会で大切なことかもしれません。
    衣裳の色も国旗のカラーに似て美しいですね。

    両手上げてのジャンプは、決めてこその加点で…
    ミスすると、この選択はどうなんだろう、と、、
    思ってはしまいます。
    しかし選手自身が組めるテクニカルの基礎点のMAXがあって、
    より点数を積むには
    何か変えないと上げていけないですものね。
    最終滑走で緊張感も凄かったと思います。

    五輪会場を経験できました。
    世界選手権、頑張って下さい。
    来年、また同じ会場に戻って来られるでしょう!

  • 9
     2017/02/20(月) 07:46:22  ID:2e949adce

    ああ、それでエテリさんのチームと一緒だったんですね。
    私は連携し合ってるのかと。
    デールマン選手もジャンプの評価が高いです。
    ツルシンちゃんはジャンプが高いのにGOEが低いので
    いろいろ考えてるのかな