カロリーナ・コストナー 欧州選手権2017 エキシビション演技 (解説:イタリア語・スペイン語・ロシア語)

チェコのオストラヴァ(Ostrava)で開催された「2017年ヨーロッパフィギュアスケート選手権 (ISU European Figure Skating Championships 20176)」、女子シングル第3位、イタリア代表-カロリーナ・コストナー(Carolina KOSTNER)のエキシビション演技動画です。


曲名:クロード・ドビュッシー ベルガマスク組曲「月の光」  (Clair de Lune by Claude Debussy)

MOTHER LAND
カティア・ブニアティシビリ



(イタリア語)

(スペイン語)

(ロシア)

『カロリーナ・コストナー 欧州選手権2017 エキシビション演技 (解説:イタリア語・スペイン語・ロシア語)』へのコメント (5件)

  • 1
    えり  2017/02/02(木) 22:17:39  ID:449d2b204

    フィギュアスケートって素晴らしい(泣)

  • 2
    cocoココ☆  2017/02/03(金) 01:38:29  ID:59be3e5f8

    ようこそいらっしゃいました♪

    シンプルさ…際立つ技巧✨

  • 3
    yuria  2017/02/03(金) 12:40:39  ID:8d4d4a9f4

    カロちゃんは、リンクに立っているだけで優しいオーラが漂う選手。
    氷へのタッチが柔らかく、すーーーっと伸びていくんですよね・・・
    長身なのに粗さが全くない。
    キャメルへの入り方もオーソドックスなんだけど、きちんとしていて、お手本のようです。
    こういう際立つSSをもつ選手(Pちゃん・小塚君)は、もうジャンプ跳ばなくても堪能できちゃいます(笑)

  • 4
    獅子吼  2017/02/03(金) 12:57:19  ID:22438ca56

    管理人様 動画アップありがとうございます。

    いやー、ほんとに素晴らしいですね。
    すーっと伸びるスケーティング。
    滑る姿が、どこから見ても美しいです。

    月は形を変える。
    満月の日もあれば…三日月の時も。
    雲で光が遮られる夜もあれば月明かり の美しい晩も。

    コストナー選手の休養 期間 の一部が
    不本意な形のものであったかもしれません。
    しかし、その頃も
    いろんな想いを抱えながら
    競技に戻る氷上のご自身を想定し、きちんと準備されていたのかな、と思います。

    フィギュアスケートへの愛と滑る喜びを感じるプログラムですね。
    感動しました。

  • 5
    mmw  2017/02/03(金) 13:05:31  ID:d9ca3f21d

    今のトレンドを否定する気はないですが
    やっぱりフィギュアで見たいのはこういう演技だという
    ことを認識させられちゃう演技ですね
    スパイラル・イーグル・イナバウアーは圧巻で衣装もまさに月の光といった感じ

    コストナー選手自身もさすがに競技中はここまでスピードは出てないように見えますが
    それがかえってエキシでのスピードの速さが際立たせているような
    しかもそのスピードがしっとりとした演技とは一切衝突していない

    加えてジャンプに安定感のなかった彼女は
    試合後のエキシのジャンプがすべて決まるなんてことあまりなかった気がしますが
    抜けもコケもしないタイプのジャンプに変質してるところはさすがミーシンといったところでしょうか

    これを競技用のプロに落とし込めたら次の五輪でもあるいは・・・
    と思っちゃうんですけどやっぱりエキシだからこそできる
    シンプルな演技なんですよねたぶん