エレーナ・ラディオノワ 冬季ユニバーシアード2017 ショート演技 (解説:英語)

エレーナ・ラディオノワ 冬季ユニバーシアード2017

カザフスタンのアルマトイ(Almaty)で開催された「冬季ユニバーシアード2017(28th Winter Universiade 2017 )」、ロシア代表-エレーナ・ラディオノワ (Elena RADIONOVA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年2月1日
曲名:ジョージ・ガーシュウィン 『ポーギーとベス』より  (Porgy and Bess by George Gershwin)

技術点:36.42
構成点:32.60
合計:69.02

Laurent Korcia: Cinema
Laurent Korcia


『エレーナ・ラディオノワ 冬季ユニバーシアード2017 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (3件)

  • 1
     2017/02/02(木) 13:19:29  ID:0424b7b4b

    このプログラム、レーナによく似合って素敵です。
    冒頭の3-3のセカンドは大丈夫だったんですね
    リーザも出場ですし豪華なユニバです。
    レーナ、頑張って欲しいな

  • 2
    ジャガミカン  2017/02/02(木) 20:05:21  ID:4343734a1

    技術点は甘めな印象がありますが、演技構成点は辛いですね。
    ラジオノワがジュニアだったころは本当に天才だったんですよね。
    ジャンプもスピンも表現力もあったし、つなぎもジュニアにしては多かった。
    ラジオノワがユーロでなく、ユニバーシアードとは悲しい。
    ただ世界選手権はまだチャンスがあるんですよね。
    といっても演技構成点が辛いと、ちと厳しいですね。
    ノーミスで感動を与える演技ができるとまだ可能性はありそうです。
    なんというかジャンプが詰まりすぎていて、そこだけ見苦しい感じになっている。
    高さはあるんですけど、詰まってしまって、流れない。動きがカクカクしてる部分と合わさって、全体的に不調なのかなという印象を与えていますね。
    プログラム自体はラジオノワにあっているんですけどね。
    お姫様の印象があるラジオノワはもっとゴージャスに衣装とメイクを変えると良いかもと思いました。
    フリーも頑張ってほしいです。

  • 3
    めめ  2017/02/02(木) 20:43:47  ID:af4bac060

    歴代ロシア女王達が参加するユニバーシアード。豪華すぎます。