ケイトリン・オズモンド カナダ選手権2017 フリー演技 (解説:カナダ英語)

ケイトリン・オズモンド カナダ選手権2017

カナダ・オンタリオ州オタワ(Ottawa, Ontario)で開催された「カナダフィギュアスケート選手権2017 (2017 Canadian Tire National Skating Championships)」、ケイトリン・オズモンド(Kaetlyn OSMOND)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2017年1月21日
曲名:ジャコモ・プッチーニ 「ラ・ボエーム」 (La Boheme by Giacomo Puccini)
技術点: 68.43
構成点: 72.22
減点:2.00
合計: 138.65

フランス・マルセイユ(Marseille)開催 ISUグランプリファイナル2016の出場選手&日程 開催日:2016年 12月8日 - 12月11日 日本からは羽生結弦、宇野昌磨、宮原知子が出場


『ケイトリン・オズモンド カナダ選手権2017 フリー演技 (解説:カナダ英語)』へのコメント (18件)

  • 1
    scate  2017/01/22(日) 08:24:54  ID:a46f3cdcc

    ナショナル優勝おめでとう。
    やっぱりSPがノーミスなだけ勿体無いなぁ…
    ジャンプが抜けなかったのは大きいです。
    世界選手権に期待。

  • 2
    Nao  2017/01/22(日) 09:24:39  ID:4d3ad4151

    カナダ女子はダイナミック系が流れでしょうか。
    やはりFSの長さはまとめきれない難しさ。
    スピンはあまり得意と言うわけではなさそう。

    華やかさ、音楽の効果など演出は上手い。

  • 3
    ツキ  2017/01/22(日) 10:22:51  ID:97124de4b

    最初のジャンプ3本良かった、素晴しい!!!
    しかし、緊張かな?丁寧に行ったのか?動きがSPほど良くないように…と思ったら2コケ。
    後のジャンプもね…ん…最初の3本素晴らしかっただけに勿体ない。

    最初に点数確認した時140いってなかったのでミスがあっただろうとは思たけど。
    このジャンプの質でSP,FS共に安定したら脅威だ~

  • 4
    えり  2017/01/22(日) 13:50:35  ID:4798341eb

    ルッツまでの3本は、目が覚めるほど鮮やか。
    でも、その後のスピン、ジャンプ、ステップどれもいまいち。

    コレオの「顔撫で」は止めたんだね。
    ジョニーにわざとらしいって言われたからかな(笑)

  • 5
    ぽん  2017/01/22(日) 13:53:56  ID:1088af5fb

    SPはGPSを見ている限りでもノーミスできていますし、課題はやはりFSですね。FSのジャンプミスがなければ世界選手権の表彰台も見えるはず。

  • 6
    雪りす  2017/01/22(日) 15:05:30  ID:bc4bcfb6c

    フリーは、エネルギー不足ですか 💡 ?
    ビールマンは、キツそうですね。
    ほとんど形にならず耐えきれずに、足が落下して流れも乱れ…。
    これなら、無理してやらない方が 😉

  • 7
    ジャガミカン  2017/01/22(日) 16:07:26  ID:3ea2aa00a

    うーん。
    優勝はそうなるんだろうけど、なんか得点が嫌な感じですね。
    これって2つも大きなミスをしたのに世界選手権でも130点を超えてくる可能性があるってことですよね。
    冒頭の3つのジャンプは確かに質も良かった。だけど言ってしまうとそれだけの演技。
    何が嫌って、例えば日本の三原さんがノーミスの演技をしたとしても、このミスだらけの演技に勝てないことがあるってことなんですよね。
    それってすごい嫌ですね。
    フィギュアはジャンプだけじゃないけど、なんなのって思ってしまいます。
    実際は勝てるかもしれないけど、負ける可能性があるってのが嫌なんですよ。
    ミスした選手にはもっと点数を下げないとと思います。
    結局採点表見たらおかしくないので、この点数はおかしくありませんでしょ。
    一方見た目ノーミスでも回転不足を不公平に取られまくって、目も当てられない点数に落とされる選手もいるんですよね。
    しかもカナダやロシアのやばいところは国内選手権の爆上げ点を世界選手権でも出してくるってところなんですよ。
    国内選手権だから何点でも許されるってなって、大きな大会で同じくらいの点数出してきた選手が何人もいますからね。
    許される限度があるだろうから、ミスをしたらそれなりに収まるような感じにするんでしょうけど、ミスをしなかったら爆上げ点がほとんどそのまま出るので、もやっとしますね。
    世界選手権ではこの演技にこんな高い点数が出ないことを祈ります。
    話は変わりますけど、オズモンドはやっぱフリーが鬼門ですね。
    4年前とかもショートは良かったけど、フリーで崩れる選手って感じで、なかなかフリーでブレイクしないですね。
    上の方も仰るように体力の問題なんですかね。冒頭のジャンプで調子良さそう、行けるかと思いきや、3Loで転倒。
    まぁワンミスくらいはと思いきや、3Fもダメ。ここなんですよね。ワンミスくらいに抑えてほしいです。ミスを引きずっているのか、体力の問題なのか。
    才能はあるから、もうちょっとだけ頑張ってほしいところです。

  • 8
     2017/01/22(日) 16:45:43  ID:f00d3a0c6

    この中での優勝は異議はないです
    でもこの内容にこの得点?となるとナショナル笑でも大概にせいと言いたくなります
    せめて見た目ノーミスにしてください
    別に3A跳ぶわけでもないのですから

  • 9
    ルンルン  2017/01/22(日) 20:31:41  ID:c53358b99

    私も今回の演技は点数が出過ぎかと・・・
    130点の後半だとは思えないですが
    ただこのプログラムを魅力的にしているのも
    ケイトリンの表現力というか・・・
    演技構成点という そこが高く評価されている。
    小悪魔的なところ刹那的なところ優しく優雅な部分がちりばめられた
    ケイトリンのハマリプロで
    ジャッジからすると
    点数を出したくなるFSなのでしょう。

  • 10
    マイメロ  2017/01/22(日) 20:53:47  ID:5c098a08c

    点数出過ぎとおっしゃっている方がいらっしゃいますが、私は妥当だと思います!
    転倒しても回転していれば、点数はでますよね!
    ケイトリン選手はジャンプだけではなく、表現力もあるし☺
    このようなプロケイトリン選手にあっていると思います✨
    世界選手権では、ノーミスの演技を期待しています❤
    得点も延びると思うし、表彰台も狙えるはず

  • 11
    ふう  2017/01/22(日) 21:34:26  ID:3f6cf8119

    ジャガミカンさんに大いに同意です。

    2回転倒、コンビネーション2つ前半で後半3連続もサルコウから、単独アクセルは着氷乱れステップは重々。

    これで138とは失笑ものです。

  • 12
    フィグ  2017/01/22(日) 22:39:15  ID:c96e36f91

    フリップ3回跳んでるのかと思った。。ん?
    ショートのプログラムは大好きだけど、フリーはいまいちかなぁ。。決まったら、また感じ方も変わるかもしれません。。

  • 13
    ユウナ  2017/01/22(日) 23:47:42  ID:c7271e3a9

    さすがに点数出過ぎだけど才能はある選手だと思う
    プログラムもショートフリー共にあってるし
    ジャンプも高いし
    流石に2回転んだら世界選手権で130点は出ないと思う
    120点台はあるかもしれんが

  • 14
    ななこ  2017/01/23(月) 09:07:55  ID:77aced6f6

    カナダ選手権の点数はいつものことながら笑ってしまいます。やはり今年も…って感じ。ナショナルの中でもカナダは毎回出しすぎですね。スケーティングやジャンプは決まれば素晴らしいものを持ってます。唯一ループが苦手なのが欠点ですが。

  • 15
    獅子吼  2017/01/23(月) 10:28:36  ID:2b8f1a437

    管理人様
    動画アップありがとうございます。

    うーん、後半疲れてくるのかなぁ。
    勿体ないですよね。
    でも前半ジャンプは素晴らしいですし、ここで
    そこそこ貯金できるのではないですか。
    ーという問題でもないか…。

    世界選手権でSP FSとも
    バッチリ揃えられたらロシア勢にも対抗できそうですね。

    優勝良かったです!
    おめでとう。

  • 16
    arch  2017/01/23(月) 13:50:25  ID:206a35199

    僕はなんといっても、彼女のジャンプが好きです。3-3は男子並みいやそれ以上かっていうぐらい勢いがあります。コントロールは少しできてなさそうですが今シーズンはセカンドトリプルが入るようになりました。
    それにしてもどうしてカナダはロシェットにデールマンと、パワフル系が多いんでしょう?食事かな?

  • 17
     2017/01/23(月) 18:24:40  ID:c293262a1

    彼女はすべてが良いけどね・・一度も世界レベルの表彰台にのってないかな?
    うーん。どうしてもジャンプで失敗してるイメージ。
    大きくてダイナミックなジャンプではあるけど、疲れがでたり、怪我したりで安定しないのかな?

  • 18
    yuria  2017/01/24(火) 18:55:45  ID:dfa68294c

    これだけ大柄だと、どうしても終盤スタミナ切れちゃいますよ・・・
    一時もっと身体が大きかったんで、すごくシェイプしてラインが綺麗になったと思います。
    特に首とデコルテラインが美しくなりました。
    もともと顔小っちゃいけど、よりチャーミングになったような。

    また、以前は勢いで跳んでて、ジャンプが雑な印象でしたが、身体が軽くなった分コントロールできるようになったと思います。

    北米はロシアとトレーニング方法・スケートのメソッドが異なると聞きました。
    ペア選手なんか、同じ身長でもロシアとカナダ(メーガンがいい例)では筋肉のつき方が違います。
    ロシェットはかなり筋トレしていたらしく、ムキムキでしたね。食べ物もプロテインとか取ってそう。
    ロシアはバレエレッスンをするので、ロシェットみたいな体型あまり見ないですよね。筋肉つきすぎると身体が重くなるので、むやみやたらな筋トレもどうかな、と思いますが。
    あとは筋肉がつきやすい体質の選手とかいます。