キーラ・コルピ Intimissimi on Ice 2016 (解説:イタリア語)

イタリア・ヴェネト州のヴェローナ(Verona)で開催されたアイスショー「Intimissimi on Ice 2016」、キーラ・コルピ (Kiira KORPI)の演技動画です。


Date:2016年10月7-8日
曲名: ジャコモ・プッチーニ 歌劇『蝶々夫人』より「ある晴れた日に」 (Un bel di from Madame Butterfly by Giacomo Puccini)


『キーラ・コルピ Intimissimi on Ice 2016 (解説:イタリア語)』へのコメント (2件)

  • 1
    雪りす  2017/01/10(火) 18:27:35  ID:212570e00

    「蝶々夫人」は、よく選ばれる演目ですが、
    日本選手にありがちなパターンの、和服に帯もどきの衣装とスケート靴。
    なんか変?といつも思いました。 😉

    このようなシンプルでシックな衣装でも、その世界観を表現することはできるのでは…。

    コルピ選手は以前、蛍光色のような斬新なデザインの衣装をよく着ていましたね。しかしこの美貌ゆえ何でもOK。
    でもやはり、このようなメランコリックな雰囲気の衣装は女神度が上がり素敵です☆

  • 2
    Nao  2017/01/10(火) 19:14:36  ID:7c5006e4a

    歌声が素晴らしい、魅せられてしまう。

    私も時々、日本選手の衣装に見られる着物もどきに幅狭な帯風ベルト・・好きではありません。多勢に無勢、皆さん結構ほめてらっしゃる。かつて荒川さんが黒系に大ぶり赤い蝶々をちりばめ、これは良かった。

    コルビ選手の演技を音楽なしで見てみると蝶々夫人と特定は
    しなくても無機質な表現の美しさ。
    てんがい付きベットやナイトウエア風衣装で言われてみればそうか。物語の世界をショーとして表現には時間が必要。