エレーナ・ラディオノワ ロシア選手権2016 フリー演技 (解説:ロシア語)

エレーナ・ラディオノワ ロシア選手権2016

ロシア・チェリャビンスク(Chelyabinsk)で開催されたロシア国内競技会「ロシアフィギュアスケート選手権2016(Rostelecom Russian Nationals 2017)」、エレーナ・ラディオノワ (Elena RADIONOVA)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2016年12月24日
曲名:ジャコモ・プッチーニ  歌劇『トゥーランドット』より  (Turandot by Giacomo Puccini)

技術点:66.13
構成点:72.92
合計:139.05

The Best Of Vanessa-Mae
ヴァネッサ・メイ

ロシアフィギュアスケート選手権2016
ロシア選手権2016の出場選手、日程、結果 ■開催日:2016年 12月22日 - 12月25日 

(ロシア語)

(アメリカ英語)

『エレーナ・ラディオノワ ロシア選手権2016 フリー演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (4件)

  • 1
     2016/12/25(日) 00:43:14  ID:7c7ae0fa2

    レーナはファイターだよね
    切ない…

  • 2
    Maria  2016/12/25(日) 00:49:43  ID:26336a8dc

    よくここまで立て直したね、感動したよ…

  • 3
    sato  2016/12/25(日) 03:04:17  ID:2bd292952

    ラジは本当に根性あるね。
    体の変化で苦しい演技が続いているように見えて、練習でも上手く行っていない感じだけれど、試合では何とかまとめてくる。
    最後の涙、リンクへの感謝にぐっと来るものがありました。

  • 4
    ジャガミカン  2016/12/25(日) 03:20:57  ID:ac2a683b4

    すごい気迫。
    ラジオノワがトゥーランドットをやるのは難しいと思ってますが、この気迫で演技されると、有りかもしれないと思いました。
    なんか切ないですね。
    壊れそうなくらいギリギリの緊張感の中で、良く演技しました。
    強い子だなと思います。
    3Lzに3Tを付けられなくても、3Fに3Tをつけて、取り戻して、そこからもこらえつつ頑張りました。
    3Loでミスしましたが、こらえて転倒はなし。
    頑張り屋さんなラジオノワらしい演技なんですけど、もっと笑顔で演技ができると良いですね。
    まだ世界選手権に出られるチャンスがあるのかは知りませんが、少し休んでほしいですね。