ソフィア・サモデュロワ JGP横浜2016 フリー演技 (解説:英語)

ソフィア・サモデュロワ JGP横浜2016 

2016年ジュニアグランプリシリーズ第3戦、神奈川県横浜市の新横浜スケートセンターで開催された「JGP横浜2016(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Yokohama 2016)」、ロシア代表-ソフィア・サモデュロワ(Sofia SAMODUROVA)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2016年9月11日
曲名:ジョアキーノ・ロッシーニメドレー (Rossini Medleyi)
技術点:65.36
構成点:54.57

合計:119.93


『ソフィア・サモデュロワ JGP横浜2016 フリー演技 (解説:英語)』へのコメント (8件)

  • 1
    あしょか  2016/09/11(日) 15:50:39  ID:65bda5712

    得点が低すぎる。優勝していておかしくないできだったのに。
    審判たちの不正な点数操作が行われているのは明らか。
    まあ、ISUが腐敗しているのは昔からだから別に驚かないけど。

  • 2
    ジャガミカン  2016/09/11(日) 16:43:36  ID:f22f67f21

    確かにこの内容で台落ちは可哀想ですね。
    演技構成点はこんなものじゃないかと思わなくもないけど、山下さんより低いのはなんか得点調整したのかなと思わなくもないですね。
    サモデユロワは3Lzと3Fの2回構成なんですよね。
    正直、この構成にはボーナスをつけてほしいですよね。
    女子だと正確なLzとFを入れるのがどれだけ難しいことか。
    ソツコワ嬢も同じ構成でしたが、これもまた評価されていないんですよね。
    ただし、最後の3Lzで微妙にミスしてしまいましたからね。
    ちなみに採点はいい加減ですよ。
    最後の3Lzは転倒じゃないからGOE-3はありえないけど、回転不足だと思ってGOE-3にした審判がいるんだと思います。仮に回転不足だからという理由であれば、回転不足じゃないんだからGOEを上げないとおかしいと思います。
    回転不足だとGOEを付け直すけど、回転不足だと思ってマイナス付たけど、そうじゃなかった場合はGOEを付け直さないんだったと思います。
    これっていい加減ですよね。
    ステップから直ちに跳ぶジャンプも今シーズンから厳格化されましたが、それまではなんとなくジャッジがそうだと判断するからとか、ジャッジの意見が分かれてもそのままだったりしますからね。
    ちなみにですが、JGPSは7戦あるはずなので、3位になっても次の試合で1位にならないと、JGPFにはいけない可能性が高いんです。3位と2位だとほぼダメなんですよね。しかし1位になれた場合、もうひとつが4位でもいけたりするんですよね。だからサモデュロワには次の試合で1位を狙えないとJGPFに出るという点では関係なかったりします。
    FとLzを2回ずつ入れられる希少な選手なので頑張ってほしいですね。

  • 3
     2016/09/11(日) 22:23:38  ID:5f0f5811d

    頑張りましたよね~
    強いなぁ、この選手

  • 4
    ぽん  2016/09/12(月) 06:53:26  ID:78d5cd0b9

    ジャンプの技術がすごい。ルッツフリップ二つ構成はしびれます。さすがロシアですね。ただタノジャンプを無理に入れている気もしたり。無理に入れないほうが流れのあるジャンプになったんじゃ?と思う場面もありました。
    惜しくも表彰台ならずですが、次戦で一位ならファイナル行けると思うので、さらに武器を磨いて次は納得できる結果を残せるとよいですね。

  • 5
    dark eyes  2016/09/12(月) 11:29:53  ID:b2bfdacbb

    真凜ちゃんの欄にも書いたのですが、この演技、曲と振り付けと衣装の印象が噛み合ってなくてチグハグで残念だったので、衣装を変えるだけでも大分印象が変わるのではないかと思ってしまいました。
    曲では優雅さを出したい感じがするので、少なくとも袖の長い部分は必要ないと思います。
    ノースリーブでスッキリ見せた方がいいのではないかしら。
    とにかく、このプロで何を見せたいのかがよくわからなかったです。
    振り付けは動画で見た方がだいぶ良いですし、印象に残りますね。現地ではなんだか体操の選手を見ているようで、あんまり曲に合っていると思えなかったのです。
    スケーティングはスピードもあるし、ジャンプはキレがあって良い選手だとは思います。
    2Aからの三連、とてもきれいでした。
    でも、3Lzの前の中途半端なイーグル(がに股イーグルならもっと腰をおとして欲しいし、イーグルならしっかり膝を伸ばして欲しい)は、はっきり言って美しくなかったので、やめた方がいいと思いました。そんなに曲にも合ってないし。技術的にはすごいのでしょうけど。
    今後も注目の選手であるのは間違いないですよね。

  • 6
    Da Capo  2016/09/12(月) 22:47:06  ID:e627d637c

    率直に言って、開催地が違っていたら 3位の山下選手と4位のサモデュロワ選手は 順位が入れ替わってもおかしくなかったと思います…どちらも良い演技でしたが、双方に テクニカルの取り方によっては減点されてもおかしくないような、微妙なのがありましたし。
    しかし、ロシア選手の場合は 台乗りしたかどうかの差は 日本以上に大きいでしょうね。
    残念ながら、台落ちでは2戦目はもらえないかと…ロシアは3位になっても2戦目確実じゃないほどに 層が厚すぎるので。
    それと、多分 dark eyesさんが指摘している部分と同じ箇所だと思うんですが、イーグルでは 私はお尻を突き出した姿勢が気になりました。昨季のフェディチキナ選手も そんな感じのイーグルやってましたが、何か あまり美しくないと思うんですけど…。
    スコアは高いのに上位にへ入れなかったのは残念ですが、他にもそういう選手はいるので、運が悪かったというか 仕方がないですね。
    日本以上に熾烈な争いなのでしょうが、頑張って Jr.ワールド代表を目指して欲しいなと思いました。

  • 7
    ピースメーカー  2016/09/13(火) 11:15:37  ID:1f755113b

    面白いジャンプをする子だなあ。
    イーグルからの3Lz+3T。アクセルの軌道みたいな3F。

  • 8
    S  2016/09/14(水) 12:57:05  ID:b6f4d9eeb

    >最後の3Lzは転倒じゃないからGOE-3はありえないけど、回転不足だと思ってGOE-3にした審判がいるんだと思います。
    それは誤解なのでは。-3にしたジャッジは、単に「両足着氷」と判断しただけだと思います。
     説明書きしてる時間がないので、この方のブログを貼りつけておきます。この辺の採点ルールは基本的に変わってはいないはずです。
    回転不足判定(70%基礎点)の愚、転倒より点が低くなる両足着氷
    http://plaza.rakuten.co.jp/mizumizu4329/diary/201011180000/