エリザヴェート・トゥルシンバエワ チームチャレンジカップ2016 ショート演技 (解説:アメリカ英語)

エリザヴェート・トゥルシンバエワ チームチャレンジカップ2016

アメリカのワシントン州スポーケン(Spokane, WA)で開催された「2016年チームチャレンジカップ(2016 KOSÉ Team Challenge Cup)」、アジア代表-エリザヴェート・トゥルシンバエワ(Elizabet TURSYNBAEVA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2016年4月22日
曲名:ニッキー・ヤノフスキー 「アイ・ガット・リズム」   (I Got Rhythm by Nikki Yanofsky)

技術点:35.80
構成点:29.64
合計:65.44

Nikki (Japan Digital Version)
ニッキー

チームチャレンジカップ2016の出場選手・日程・結果。日本からは宮原知子、本郷理華、宇野昌磨がアジアチーム代表として出場。

『エリザヴェート・トゥルシンバエワ チームチャレンジカップ2016 ショート演技 (解説:アメリカ英語)』へのコメント (5件)

  • 1
    なな  2016/04/23(土) 20:30:17  ID:2b460b0f7

    これほど踊れるとはお見それしましたー
    哀しみのクラウンのような叙情的なものより、こちらのプロのほうが似合うように思います
    可愛らしいですね

  • 2
     2016/04/23(土) 21:13:42  ID:44dcecedb

    ツルシンバエワ、よかったです。
    このプログラム、ショートに変えて正解ですね。
    PCSが低いのを残念がってましたがこれからノーミスで頑張ると伸びますね。
    小柄でもタフな選手、フリーも頑張って!

  • 3
    エッジ  2016/04/24(日) 00:04:49  ID:0cedac960

    よかったよ。
    もう少し滑ればねぇ。脚は長そうだから、もう少し押せたら伸びそうな感じするけどな。

  • 4
    桔梗  2016/04/24(日) 03:26:17  ID:10f7a5300

    体は小さいですが、確かなリズム感と正確なエッジワークで怪我や体型の大きな変化がなければ今後伸びて来そうなチームブライアンの一員の選手。
    個人的には怖い選手になりそうな・・・・ちょっとそんな予感がします。
    体力もありそう。雰囲気もとても個性的です。

  • 5
    まゆ  2016/04/24(日) 07:01:12  ID:8bb2ce675

    正直、びっくり。
    ジャンプもキレッキレっで、
    完璧。
    小柄なので、こういうタイプの曲のほうが、
    スピードもあり、迫力もでて合います。
    さっとんにも、こんな感じのを
    一度滑ってほしいです。