新田谷凛 全日本選手権2014 フリー演技 (解説:日本語)

新田谷凛 全日本選手権2014

2014年長野県長野市のビッグハットで開催された国内競技会「第83回全日本フィギュアスケート選手権(2014 Japan Figure Skating Championships)」、新田谷凛(Rin NITAYA)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2014年12月28日
曲名:ニーノ・ロータ 「ロミオとジュリエット」 (Romeo and Juliet)

技術点:48.46
構成点:47.44
合計:95.90

Romeo & Juliet
City of Prague Philharmonic Chorus、Nic Raine、Prague City Philharmonic Orchestra


全日本フィギュアスケート選手権2014
長野開催、第83回全日本フィギュアスケート選手権の出場選手、日程、結果 女子シングルは宮原知子、男子シングルは羽生結弦が優勝

『新田谷凛 全日本選手権2014 フリー演技 (解説:日本語)』へのコメント (5件)

  • 1
    ゆう  2014/12/28(日) 20:36:01  ID:a49fd232b

    凜ちゃん、お疲れ様でした‼︎
    いくつか抜けてしまったジャンプがあって勿体なかったですが、SP同様後半の3T-3Tは素晴らしかったですね(*^^*)
    少し表情が硬いかなっと思いましたが、持ち味の表現力はしっかりと伝わりました♪

  • 2
    ゆう  2014/12/28(日) 20:38:00  ID:a49fd232b

    ps.全日本ジュニアから新たにvocalがプラスされていて、とても素敵でした✨

  • 3
    shirokuro  2014/12/28(日) 21:29:01  ID:bc090fdfd

    ジュニア勢で表現面に細かく気を配れていたのって彼女ぐらいでしたかね。
    でも、そんなの関係ねえとばかりのPCS。
    まあ、今の採点なんてこんなものか。

  • 4
    ジャガミカン  2014/12/28(日) 23:18:43  ID:9b3332e09

    新田谷さんは見るたびに可愛く見えてきます。
    確かにしっかりと表現しようというところが見えましたね。
    別に大げさに手を振り回すわけでもなく、しっとりと、そしてしっかりとという感じですね。
    3T-3Tを後半に入れているせいなんでしょうが、ジャンプの配置が良いですね。
    新田谷さんの3T-3Tは迫力というか、インパクトがあり過ぎるので、最初に持ってくると曲の世界観にちょっと合わないかもしれないです。
    3Fなどから入ると、世界観にマッチしているかなと思いました。
    そして後半を3T-3Tで盛り上げてくれる。
    ミスが多くなってしまいましたが、可能性を見せてくれましたね。
    それくらい後半の3T-3Tは効いています。
    今後の活躍に期待しています。

  • 5
    らんさん  2014/12/29(月) 05:05:04  ID:6c076ecbb

    凜ちゃん、全日本お疲れ様でした(^○^)
    抜けてしまうジャンプはあったけど、ループも後半の3T-3Tも完璧だったよv(^o^)
    表現力はもちろん、回転不足のない綺麗なジャンプも凜ちゃんの持ち味!!
    パーフェクトの演技、楽しみにしていますヽ(*´▽)ノ♪