加藤利緒菜 全日本選手権2014 ショート演技 (解説:日本語)

加藤利緒菜 全日本選手権2014

2014年長野県長野市のビッグハットで開催された国内競技会「第83回全日本フィギュアスケート選手権(2014 Japan Figure Skating Championships)」、加藤利緒菜(Riona KATO)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2014年12月27日
曲名:レオ・ドリーブ 歌劇『ラクメ』より「花の二重唱」 (Flower Duet from the opera Lakme by Leo Delibes)

技術点:33.14
構成点:24.96
合計:58.10

長野開催、第83回全日本フィギュアスケート選手権の出場選手、日程、結果 女子シングルは宮原知子、男子シングルは羽生結弦が優勝

『加藤利緒菜 全日本選手権2014 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (3件)

  • 1
     2014/12/27(土) 21:06:47  ID:afdf88555

    りおなちゃん、得意のスピンは緊張しちゃったかもしれませんが
    ほぼ、ノーミス良かったです。
    フリーはNHK杯のようにのびのびと頑張って!
    ワールドは無理でも四大陸行ければいいですね。

  • 2
    ジャガミカン  2014/12/27(土) 21:07:00  ID:c9039e673

    ちょっと勢いが足りないですね。
    全体的にスピードが遅いので、ちょっと良い演技とは言えませんね。
    最後のレイバックスピンは素晴らしかったと思いますが、スピードはどうにかしてほしいですね。
    でも確実に要素を決めてきたのは良かったですね。
    フリーはどうなるでしょう。
    5種7トリプルと2A2回で、きてくれますかね。
    全部決まれば、ギリギリ表彰台圏内かなと思うので頑張ってほしいですね。

  • 3
    クリスタル  2014/12/27(土) 21:34:09  ID:461d505bb

    NHK杯の時はフリップからの3ー3でしたが今回は3Tー3Tにしたのでやっぱりあの失敗したのが影響したのかなと思いました それとアクセルのタノもやりませんでしたからかなり慎重だなと思いました ただ僕はリスクを怖がらないで強気に行って欲しかったですね… ただ作戦としては成功なのでフリーでは沢山攻めて欲しいですね!!!