服部瑛貴 全日本選手権2014 ショート演技 (解説:日本語)

服部瑛貴 全日本選手権2014

2014年長野県長野市のビッグハットで開催された国内競技会「第83回全日本フィギュアスケート選手権(2014 Japan Figure Skating Championships)」、服部瑛貴(Eiki HATTORI)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2014年12月26日
曲名:ラウル・ディ・ブラシオ 「秋によせて」 (Otonal by Raul DiBlasio)
技術点:23.23
構成点:27.30
合計:50.53

Barroco


長野開催、第83回全日本フィギュアスケート選手権の出場選手、日程、結果 女子シングルは宮原知子、男子シングルは羽生結弦が優勝

『服部瑛貴 全日本選手権2014 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (1件)

  • 1
    ジャガミカン  2014/12/27(土) 00:29:53  ID:c9039e673

    太田由希奈さんが振付を担当されたと聞いて、なるほどと思いました。
    手の動きなど、細かい所作に由希奈さんを感じます。
    由希奈さんが振付師をやっていることを知れたのは良かったです。
    そしてその選手が全日本で演技をしているのは感慨深いですね。
    ジャンプがうまく決まらなかったので、得点は伸び悩んじゃいましたね。
    フリーには進めるんですかね。
    進めるなら、しっかりと全力が出せると良いです。