カレン・チェン 世界ジュニア選手権2014 ショート演技 (解説:なし)

カレン・チェン 世界ジュニア選手権2014 

2014年ブルガリアのソフィア(Sofia)で開催された「世界ジュニアフィギュアスケート選手権(2014 World Junior Figure Skating Championships)」、アメリカ代表-カレン・チェン(Karen CHEN)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2014年3月14日
曲名:マキシム・ロドリゲス 「エスペランサ」 (Esperanza by Maxime Rodriguez)

技術点:31.58
構成点:24.51
合計:56.09

Symphonie sur glace (Musiques originales du patinage)
Maxime Rodriguez


2014年世界ジュニアフィギュアスケート選手権
ベラルーシ開催 2014年世界ジュニアフィギュアスケート選手権の出場選手、日程、結果 宮原知子、本郷理華、宇野昌磨、田中刑事が出場


『カレン・チェン 世界ジュニア選手権2014 ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (2件)

  • 1
    ジャガミカン  2014/03/15(土) 06:01:35  ID:7f13cb799

    引き込まれる。
    この子にはとてつもない魅力を感じます。
    たぶんスピードがあり、エッジワークと上半身の動きが良く、かつ動きが連動してるところが原因だと思います。
    ジャンプさえ決まれば、余裕で上位に食い込んでくるでしょうね。
    ジャンプが3-3なしで、3Lo失敗は体の成長によるジャンプの崩れですかね。
    演技自体はアジア人であるからこその強みを発揮してると思いますが、逆にアジア人であることの弱みも見せてますね。
    アメリカ代表ということですから、国内で公平にジャッジされるかが、今後の課題ですね。
    ぐーのねも出ないくらいの圧巻の演技を一度はしないと埋もれてしまいそうですね。
    とにかくジャンプをしっかりと頑張ってほしいです。

  • 2
    りりか  2014/03/15(土) 15:15:19  ID:f915b11b1

    この子は魅力的で素晴らしい選手ですね。
    ジャンプが強化されれば
    ロシア組に対抗できる逸材ですね。
    なによりステレオタイプではなく自分を持っている感じがします。
    誰々が目標です!誰々を目指しています!
    ではなく、自分の個性を信じて演じてほしいです。