マイケル・クリスチャン・マルティネス ソチオリンピック ショート演技 (解説:イギリス英語)

マイケル・クリスチャン・マルティネス ソチオリンピック

2014年ロシア・ソチのアイスバーグ・スケート・パレス(Iceberg Skating Palace)で開催されたソチオリンピック(Sochi 2014 XXII Olympic Winter Games)のフィギュアスケート競技会、フィリピン代表-マイケル・クリスチャン・マルティネス
(MARTINEZ Michael Christian)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2014年2月13日
曲名:ニーノ・ロータ(作曲)/アーサー・フィードラー (編曲)  「ロミオとジュリエット」 (Romeo and Juliet by Arthur Fiedler)

技術点:33.31
構成点:31.50
合計:64.81

From Fabulous Broadway to Hollywood’s Reel Thing


2014年ソチオリンピック
ロシア・ソチ開催、第23回冬季オリンピックの大会情報。男子シングルは羽生結弦が金メダル獲得。

(イギリス英語)

(日本語)

『マイケル・クリスチャン・マルティネス ソチオリンピック ショート演技 (解説:イギリス英語)』へのコメント (1件)

  • 1
    スポンジボブ  2014/03/05(水) 21:38:41  ID:b900725ab

    この選手の演技、荒削りですが一生懸命で素敵でした☆
    スラッとしていてスタイルが良いので、見栄えも良いですね。
    これから練習と実戦経験を積んで、伸びていって欲しいです。
    フィリピンでは彼のおかげでフィギュアが注目され始めているようですし、がんばって欲しいです。