羽生結弦 世界選手権2013 フリー演技 (解説:ルーマニア語・イタリア語・ロシア語・英語・日本語・スペイン語・カナダ英語・イギリス英語・ドイツ語)

羽生結弦 世界選手権2013

2013年カナダのオンタリオ州ロンドン(London, Ontario)で開催された「世界フィギュアスケート選手(2013 World Figure Skating Championships)」、日本代表-羽生結弦
(Yuzuru HANYU )のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2013年3月15日
曲名:リシャール・コッシアンテ  ミュージカル「ノートルダム・ド・パリ」より  (Notre Dame de Paris (musical soundtrack) by Riccardo Cocciante)
技術点:89.05
構成点:80.00

合計:169.05

B00004VR68Notre Dame De Paris
Rudo Fiamminghi (I) & Werthen

世界フィギュアスケート選手権2013 出場選手&結果



(ルーマニア語)


(イタリア語)

(ロシア語)


(ロシア語)



(英語)


(解説なし)


(日本語)


(?)

(スペイン語)



(カナダ英語)

(イギリス英語)



(解説なし)


(ドイツ語)


(6分間練習)

『羽生結弦 世界選手権2013 フリー演技 (解説:ルーマニア語・イタリア語・ロシア語・英語・日本語・スペイン語・カナダ英語・イギリス英語・ドイツ語)』へのコメント (116件)

  • 101
    える  2013/03/28(木) 12:28:54  ID:eb8707d58

    羽生結弦選手は高校も卒業し、けがの治療中だと思いますが、この辺は去年の経験が生きていると思います。国別対抗戦も出ないので心は来シーズンに向かっていると思います。
    全日本優勝以来、マスコミ報道も過熱して、ソチオリンピックにも影響しそうですが、こういうときは同じオリンピックに出場する別の種目の有望選手が出てくると、報道の力が分散されて選手に有利になると思うのですがどうでしょう。
    そう思っていたら、非常に注目すべき選手が現れました。スノーボード・ハーフパイプ、若干14歳の平野歩夢選手(ニックネームMumu)です。兄の平野英樹さんもプロボーダーです。スノーボードの次世代の選手として「ローリングストーン」で紹介されています。
    http://www.rollingstone.com/culture/pictures/snowboardings-next-generation-20130123/ayumu-hirano-0856806
    それもそのはず、2013 X Games で、あのスーパースター、ショーン・ホワイト選手に続いて2位(X Games史上最年少)、
    http://snowboarding.transworld.net/1000195015/photos/shaun-white-wins-halfpipe-at-the-2013-winter-x-games/
    映像で、インタビューを受けていますね。ちなみに試合の模様はこちらから見ることができます。
    http://www.youtube.com/watch?v=GW9oeLdFllc
    続く、US Open でまたまた、ショーン・ホワイト選手に続いて2位です。
    https://akamai-ssl.burton.com/2013/events/vail/Result_Mens_Halfpipe_Final_with_TrickFlow_Scores_and_TrickNames.pdf
    ソチでは、これらの大会に出ていないイウーリ・ポドラチコフ選手(ニックネームI-Pod)がいるので、何とかメダルに手が届きそうな位置に立ったというところですが、この恐るべき中学生の来年が楽しみです。
    このように、羽生選手と同様な若い選手が複数出てくることで、静かな環境で来年のオリンピックに挑むことができるように期待したものです。

  • 102
    青すぎる空  2013/03/28(木) 19:02:43  ID:a58511aae

     インターネットライブで応援していました。演技を終えた時、内臓がぶるぶる震えて、気持ちが落ち着くまでしばらく時間がかかりました。
     フィギュアスケートは好きでテレビでは欠かさず見ていましたが、結弦君のスケートを見て、実際に会場で見てみたい!と思ったのは初めてのことでした。
     どんなに転ぼうが私は結弦君のスケートが好きです。いつも力をくれてありがとう。

  • 103
    ゆみ  2013/03/30(土) 10:50:03  ID:0bc988220

     次シーズンの羽生選手のジャンプ構成はいかに???
     
    4T-3T 
    4T  ← この二つの4Tは本当に楽しみですね!高さ幅流れは最高。2連続      で見れるなんて
    4S  ← 単発での練習、曲かけ練習を見てれば飛べてる、あとは試合でど      うなるか。
    3F
    3A-3T
    3A-2T←2種類飛ぶ場合はどちらか必ずコンボに・・でもどっちもしてもいい?
    3Lo
    3Lz-2T-2T?
    3S?
    ザヤッてるかな? ルール難しい(汗)

  • 104
    すみ  2013/03/30(土) 11:27:49  ID:744375f7a

    皆様のコメント読ませて頂きました。多くの方がゆづくんを心から応援し感動し見守っている事に、胸いっぱいの気持ちになりました。昨秋からファンクラブに入ろうかなと思い始め、その前にiPadで動画見放題状態にし、ゆづくんの好きな曲にひたり毎日元気をもらっています。今はゆづくんの身体の快復を祈り、安心して活躍できる環境が得られますよう祈っています。

  • 105
    るるっこくらぶ  2013/03/30(土) 18:03:51  ID:012742794

    >>それから、キムチ、某国、在日、マ○タという言葉を使う人もスルーしている。
    ふーん、じゃ、るるっこくらぶも今後はおばはんのことはスルーしてあげるわ(゚▽゚*)ニパッ♪

  • 106
    与作の女房  2013/03/31(日) 21:08:57  ID:59052dc82

    103 ゆみさん 妄想は楽しいね~わたしもやる~!!!
     
     4Tー3T、4Tだと、どこかトリプルになって15点以上稼ぐ3A-3Tを変更しなくちゃならないのが怖い。でも、クワド3本ならこれだよね(「銀盤王子」のように***に挑戦するとか)
     最後の3Sは、気持ちはわかるけど(笑)なくてもいいかも。コンボは3本までだったような気が・・・ハンドブックで確認しなくては。 eを取られるフリップの代わりにLz、2本目のアクセルは単独にして加点をいっぱいもらうというのはどうでしょうか。
     
     結弦君、ちゃんと安静にしてるでしょうか。アンセイトハネテイナサイトイウコトデスヨ。
     
      
     

  • 107
    ウリ坊  2013/04/01(月) 04:05:09  ID:9b1eaaf74

     なんか、皆様、冷静で、肝がすわっていらっしゃる。こういうスレを見ると、落ち着きますー。この間の取り方、イノシシもぜひ学び取りたいところです。与作の女房さま、安静って、寝てなきゃいけないんですか?一ヶ月も?オーサーコーチ、さみしくって、プーさんをぎゅってしちゃいそうですね。
     こんな時に不謹慎かも知れませんが、この演技でものすごく衣装、振り付け、音楽が一体になって、重層的な意味があぶりだされた、と感じました。この状況で難題が解けたのは、ゆづ君の本性をウィルソンが見抜いていたからなのでしょうか?一度ウィルソンさんに聞いてみたい気がします。

  • 108
    与作の女房  2013/04/01(月) 17:30:40  ID:93ddf4217

    ウリ坊様。
     
     私の場合は肝が座っているというよりは、結弦君の激動のシーズンを追い続けて、最後にこれですからまだ半分夢見心地なんですよ。
     ブロガーさんたちも素敵なつぶやきや画像をアップしてくれるのでそれだけでお腹いっぱい(美月さん、いちごさん、皆さん感謝です!)
     あれこれざわざわしていることも一応頭に入っはていますが。
       
     「安静」とお医者さんに言われたら、やむを得ない事以外は寝ていなさい(負荷をかけてはいけません)ということです、一般論としては。
     あと半月、それからリハビリ。
     勝手に筋トレとか始めそうなので、棒を持ってベッドサイドで見張っていたいぐらいです。
       
     ループの前、「皆さん」と語りかける聖職者のように右手を左肩からすっと開くところ、気に入ってます(変?)それがジャンプを降りた瞬間からドロドロフロロ。 コレオとフィニッシュで、カジモトの魂の昇華も演じきってくれたと思います。

  • 109
    ウリ坊  2013/04/05(金) 23:56:56  ID:b588fd662

     与作の女房様。詳しい事情はわかりませんが、あの戒めは、事情に詳しい方の半ば冗談めかした合図ではなく、真剣な憂慮だったのですね。彼の心を無にはしたくなかったので、心根の美しさが結実した演技を褒めましたが、環境や人間関係、試合の度に通過した激変に次ぐ激変を、17、18歳の身で潜り抜け、小さい頃から一心に目指してきたオリンピックを目の前にして、どれほど切ない思いで、焦る気持ちと闘っていらっしゃるか考えると、心が痛みます。ゆづる君、呼吸法を指導してくれる医師がいてくれるといいね。体を動かさずに出来るし、心身の深い所から治癒を促してくれるし。脳波計測器やサーモグラフィーをみながら、ナビゲーションしてくれる人が一緒に伴走してくれた方が、効果を確認できるし、理想的ですが。スポーツは肉体的精神的限界への挑戦だけど、精神が肉体という自然と調和する時、スポーツが芸術と本当に融合すると思う。もう肉体を犠牲にしないで。
     

  • 110
    ウリ坊  2013/04/06(土) 06:39:48  ID:240847444

     あ、これはあくまでお医者様の指示と許可に従ってください。がむしゃらにやったら、かえって逆効果なので、そこを何より心配します。
     どうか、ほんとうに、ほんとうに、お体を大切になさって、いたわってあげて下さい。

  • 111
    若葉  2013/04/08(月) 23:28:55  ID:54bdcb50c

    大怪我に至らなくて、本当によかったです。今はどこに?日本?トロント?
    苦戦したフリーでしたが、ロミオ&ジュリエットに続いて、最後の最後に羽生選手の真骨頂を見せてもらいました。繰り返し見ては、何度泣かせてもらったことでしょう。
    ソチに向かう新シーズンは、体力配分に気を付けて無理し過ぎず、万全の健康状態で、余裕ある神演技を期待したいものですね。

  • 112
    オレンジ  2013/04/11(木) 01:43:48  ID:c2b16d235

    私も同じく 今 彼がカナダなのか日本なのか
    とにかくどっちに向いて祈ればいいのか(*゚▽゚*)
    悩ましい日々です。

  • 113
    える  2013/04/19(金) 00:21:40  ID:ee58bd0d7

    国別対抗戦で今シーズンが終了した今こそ、羽生選手を批判すべき時かもしれません。来シーズンが始まってしまえば、応援に集中しますから。
    今回の世界選手権を振り返ると、SPでチャン選手が自身の理想的な演技を行い高得点を出しましたが、FSでは大きく崩れなんとか優勝という結果になりました。このように初日だけ見るとチャン選手を超えて優勝するのは不可能かと思われる場合でも、チャンスは突然やってきます。
    振り返って羽生選手について考えれば、チャン選手のすばらしいSPに肉薄できるだけのポテンシャルを持っており、もしSP終了時点で1-2点差程度で迫っていれば、今回FSでこのチャンスを掴んで逆転できた可能性が高いと思われます。
    しかし、彼は怪我をしてその貴重なチャンスを自らの手で掴むことはできなかった、となれば来シーズンの彼の課題は、いかに怪我をしないでソチに向けて自らの練習を行うかということにつきると思います。羽生選手の場合若いので、ソチの次のオリンピックがあるなどと考えるべきではないと思います。なにしろ現時点で本当に実施できるのかどうか北の出方次第の罰ゲームのような大会ですから、ソチに集中して出場する3名の日本人選手の中に入り、他の日本人選手と共に、突然やってくるチャンスを絶対に逃さないようにして、初の金メダルを目指してほしいものです。
    まずは、6月1日から開催される、Art on Ice で、どの程度まで仕上がっているかを注目したいと思います。聞くところによると、藤井フミヤさんの TRUE LOVE で演技を行うらしいですが、ここでまた怪我などというニュースがないように、慎重にソチを目指してほしいと思います。
    http://www.youtube.com/watch?v=G1rmHByT2vU

  • 114
    える  2013/05/30(木) 23:10:53  ID:17ac0f7a2

    羽生結弦選手は、週末に行われるAOI出演のため帰国し、練習では4回転ジャンプを決めるなど、怪我から回復したようです。
    www.sanspo.com/sports/images/20130530/fig13053020160000-p10.jpg
    mainichi.jp/graph/2013/05/31/20130531k0000m050055000c/image/001.jpg
    記事も記録しておきます。
    www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/05/30/kiji/K20130530005910930.html
    mainichi.jp/sports/news/20130531k0000m050055000c.html
    まずは順調にオリンピックシーズンのスタートを切ったようで、ショーの情報が楽しみですね。

  • 115
    名無しK  2014/04/05(土) 14:48:25  ID:5acf3d617

    ☆  2014年、4月5日コメント
    去年のロンドン・ワールドなのに今頃おじゃま。
    羽生選手の演技も通年見てるはずなのに2014年、埼玉・ワールドのチャンピオンの前の年はどうだったか。
    泣けてきますね、涙なくしては見れない。
    怪我とも闘いながら出来うるすべてを出し切った!!
    この戦いが次の年の3冠につながった。
    もう国内トップのレベルでは済まない世界的アスリートのその頂点へ。

  • 116
     2015/04/04(土) 23:36:29  ID:589fc6ab0

    羽生君の本格的なファンになったのはこの演技からでした。ニースの世界選手権で凄い激しいステップ(技術ではなく)をする選手だなと思っていたのですが、試合前に足を痛め、SPで大きく出遅れながらも演技する事を諦めない強さと真摯さが滲み出るこの演技から目が離せませんでした。良い出来とは言えせんでしたが、このプログラムの中ではこの演技が一番好きです。