高橋大輔&町田樹 日本!フィギュア強すぎ! (2012/11/6)

高橋大輔 中国杯2012

2012年中国杯より帰国した町田樹と高橋大輔と、男子フリーの6分間練習で衝突事故を起こし棄権した中国の宋楠選手を特集した動画です。


中国杯2012 出場選手&結果

『高橋大輔&町田樹 日本!フィギュア強すぎ! (2012/11/6)』へのコメント (9件)

  • 1
    kupi  2012/11/07(水) 06:05:52  ID:db5a0d3ee

    小塚のをまた掘り返すのかw
    笑えない結果になったけれども、
    この動画で映像が流れたときに笑ってしまった。
    高橋の曲が流れていたのにもかかわらずぶつかっていったから
    当時では少なくともネットではバッシングがあったんじゃないかな。
    あの時は男子初GP制覇が出来るか!?という
    大きな期待がかかってたぶん残念だった。
    それよりも中国の選手が気の毒だった。
    母国開催だったのに残念でした。

  • 2
    ai  2012/11/07(水) 12:08:18  ID:771c49c16

    ショートだけでも、全員が同じ振り付けでやれば比較しやすくていいと思う。
    お金がある選手が、振り付けもとっておきのを頂戴できるので、とても有利ですね。
    体のメンテナンスも、お金がかけることができれば、有利。
    お金をなるべくかけないでスポーツができないかということより、逆方向へ、つまり、なるべくお金がかかるような方向へ故意にもって行かれてるので、
    選手のみなさん、大変ですね。

  • 3
    kokoron  2012/11/07(水) 12:42:07  ID:c52697bb5

    なぜに衝突事件を掘り起こすんだろ・・・

  • 4
    bon  2012/11/07(水) 20:34:24  ID:4f70fbf44

    ごめんなさい。
    言葉づかいの間違いが気になる歳になりまして。
    × 優雅にしていられない
    ○ 悠長にしていられない

  • 5
    ぼてまる  2012/11/07(水) 22:49:24  ID:c37d31a45

    グッドアイデア  男女とも本当にショートだけでも同じ振り付けが一番点数も出しやすいと思います!!

  • 6
    なでしこ2  2012/11/08(木) 01:14:28  ID:c8c97b05b

    フィギュアは選手の時はお金、振り付けやコーチへ凄いかかるけど
    逆に指導者になったら、いっぱい稼げるスポーツてイメージです。
    日本男子は特に選曲や振り付けが選手の個性にマッチしてるかどうかで勝負の分かれ目になると思います。
    ショートだけでも同じ振り付け、曲だと確かに分かりやすそう、、、
    その課題曲がその選手に合う、合わないがまた問題になるね。
    でもショートだけでも選手のお金の負担が減ることはよいことかも。

  • 7
    a  2012/11/10(土) 19:14:43  ID:15c31a186

    同じ振り付け案、良い面はジャッジし易い事とご、公平になる事ですね。選手の個性がなくなるのでは・・・と思いましたが個性で課題演技を解釈というのも在り面白い案と思いました。良くない面としては振付師が偏る、引退後の選手の進む道が限られる、そしてフィギュアには付き物の「稼ぎ」ですね。
    そして今季の高橋選手は何か考えがあったのかわかりませんが、スタートが遅すぎたと感じました。若手に本気で負けたくないというならもっと早いスタートをすべきであったと思わざるを得ませんでした。野球の工藤投手が現役の時は、若手が去った後でもずっとクールダウンし、若手より先に来てアップをしている、そうマスコミに話していました。高橋選手は一般人から見れば若手ですが、業界ではベテラン選手です。2010-2011シーズンの様な事はだれも望んではいないです。遅れた分、他の人以上に頑張って「日本のエース」の肩書きを他の人に持っていかれない様に努力していって欲しいです。一試合ごと大切に挑んで欲しい。挑戦+結果がないと評価してもらいない時代ですから・・・。

  • 8
    b  2012/11/10(土) 20:39:56  ID:25db6def0

    高橋選手は、スタートラインが遅かったばかりでなく、プログラム作りが遅かったね。昨シーズンのような高橋特別仕様のオーダーメイドプロではなかった。フリーは好きだが、オーラがないと大味な印象のプロ。SPに至っては、完全にBGM化している。今年はプログラム作りに力を入れて成功している選手を見かける中、なぜ高橋に限って、と残念に思う。世界中のファンが、カメレンゴさんとのコラボの様に、信頼関係のもとで綿密に作り上げられた芸術品を期待していたはず。SPは、昨シーズンまでのチャン選手のように、スケーティング技術のみで魅せる作戦なのかもしれないが、本末転倒だよ。高橋選手は絶対に観客を置き去りしてはいけないよ。アマチュアには無理な要求だと思うが、彼は特別な立場を築いてしまったのでもう後には戻れない。シーズン最後までには、これが今シーズンの新生高橋だ!と見返してくれることを望む。

  • 9
    くりゆき  2012/11/15(木) 13:34:14  ID:278880202

    私もちょっと今季の���橋選手、大丈夫かな?と不安を感じています。
    省エネジャンプとか、ソチに向けてロシアでの練習拠点やコネクションの確保とか、色んな事に気を回し過ぎて、���橋選手自身の一番の魅力・観客を虜にする部分を置き去りにしていないか?….と。
    4回転の精度を上げるのは必須で、昨季一年間で本田コーチとの試行錯誤で世選、国別対抗でと、順調に向上してきていたし、そのまま真っ直ぐ進むだけではダメだったんでしょうか?
    本当に今季振付もしていないモロゾフと組む意味なんてあるのかな?
    振付師が振り付けたものをモロゾフが手直しを入れるとか、一つの作品として纏まりのつかないものになりそうで、怪我以降のシーズンで一番不安定に見えます。
    表情や発言も、今季向上心の塊のような町田選手の顔つきと違い、迷いが感じられます。
    まあ、昨季もスケカナでも大丈夫?と心配してもNHK杯ではこれぞ���橋!という変身ぶりだったので、次のNHK杯でも演技面での魅力を見せつけて、こんな不安を払拭して下さることを希望しています。