エフゲニア・メドベデワ ロシア選手権2011 フリー演技 (解説:ロシア語)

エフゲニア・メドベデワ ロシア選手権2011 フリー

2011年ロシアのサランスク(Saransk)で開催された国内大会「ロシア選手権(2012 Russian Figure Skating Championships)」、エフゲニア・メドベデワ(Evgenia MEDVEDEVA)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2012年12月27日
曲名:Na Katereby Eugen Doga + Gramofonby Eugen Doga
技術点:60.96
構成点:48.57
減点:1.00
合計:108.53


『エフゲニア・メドベデワ ロシア選手権2011 フリー演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (3件)

  • 1
    まめぞう  2011/12/30(金) 13:28:10  ID:874ccd6e9

    もうすぐJスポでも女子が放送ですが、、有名どころばかりのピックアップでしょうから、ノービス二人は放送されない可能性がありますね。
    男子でもそれなりに見ごたえがありましたが、女子は完全永久保存版モノなのでしょうね。。解説は太田さんかな?

  • 2
    mairie  2011/12/30(金) 14:01:26  ID:60bb2780b

    かわいいですね!
    しかし、しかし、出て来るロシアの女の子たちの演技が、音楽も古くさいのと相まって、金太郎飴みたいです。
    この子たちが、他の国で訓練受けたらもっと、花開きそうに思います。残念だわ……。
    女子を続けて見ていると、もうお腹いっぱいで…….。
    ロシアは、色々な意味で遅れているのかな?共産主義崩壊の後、残った芸術家やスポーツ関係者が古い体制のままなのかしら? いや、染み付いているのでしょうね!
    このままでは、ソチはどうかな、今技術があってもPCSを伸ばせる選手を育てられるかは、甚だ疑問です。
    ルールを、ロシア風に新体操みたいなフィギュアで競うようにすればわかりませんが、ISUでロシアにその力はないと思います。
    私は、そうロシアが脅威とも感じられません。

  • 3
    くろ  2011/12/30(金) 20:36:07  ID:bdacebec0

    好みってありますもんね。
    北米タイプの演技の好きな方には残念に感じられるのかもしれませんが
    私はロシアのジュニア勢の演技を見ているとうれしくてゾクゾクしてきます。
    バレエの基礎に裏打ちされた美しい動きは成長してから身に着けようとしても難しいですから。
    既にジュニア女子の上位はロシア勢が占めてますが
    ジャンプだけでなく全ての要素が高難度でしかも美しいので当然ですね。
    雨後の筍のようにどんどんいい選手が出てきて、
    一度低迷した選手が復活する余地が少なそうなのが辛いところです。