宇野昌磨  全日本選手権2011 ショート演技 (解説:日本語)

宇野昌磨  全日本選手権2011 ショート

2011年大阪府門真市三ツ島の大阪府立門真スポーツセンターで開催された第80回全日本フィギュアスケート選手権大会、宇野昌磨(Shoma UNO)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2011年12月23日
曲名:ジョー・ジャクソン 映画「タッカー」より (Tucker: The Man and His Dream by Joe Jackson)

技術点:32.44
構成点:31.05
合計:63.49

Tucker


全日本フィギュアスケート選手権2011
大阪開催、第80回全日本フィギュアスケート選手権の出場選手、日程、結果 女子シングルは浅田真央、男子シングルは高橋大輔が優勝

『宇野昌磨  全日本選手権2011 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (3件)

  • 1
    りりぃ  2011/12/24(土) 09:20:02  ID:7a72656d9

    よかったです。
    男の子の成長は本当に個人差があるから少年から男になった時に多少の迷いが体も心もあるかとおもいますが頑張ってほしいですね

  • 2
    Canadaから  2011/12/24(土) 13:37:24  ID:ec53bfcb6

    主様、早いアップありがとうございます。:D
    宇野選手の得点が日野選手のと同じになっています。
    宇野選手のSP得点は、技術点:32.44、構成点:31.05、合計:63.49です。
    全日本デビューのSPは、SBでとても良かったです。五輪は、平昌か、その次かな?順調に確実に成長して欲しいですね。:D

  • 3
    りか  2011/12/24(土) 15:21:12  ID:386cbf6ed

    LzをLoに変えてきましたねぇ・・・・・
    まぁしょうがないでしょうね。Lzは飛ぶ前から減点確定レベルのエッジだから・・・・正直・・彼は早く外国などのコーチに依頼してジャンプの修正・スケーティングを教わったほうがいいと思う。
    村上選手みてるとすごくもったいなく見えてしまう
    みんな気づいてるよね、村上選手もシニア2年目になるのに・・ジャンプ、スピン、ひとつとして修正されていないしwwwそれなのにどんどん難しいジャンプを練習していく・・・・。こんなんじゃ選手の才能がどんどんつぶれてく・・・。