鈴木明子 バンクーバーオリンピック ショート演技 (解説:アメリカ英語)

鈴木明子  バンクーバーオリンピック ショート

2010年カナダのバンクーバーで開催されたバンクーバーオリンピック、日本代表-鈴木明子(Akiko Suzuki)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2010年2月23日
曲名:ビル・ウィーラン 『リバー・ダンス』より「アンダルシア」  ~ 「ファイアーダンス」   (Andalcia by Bill Whelan + FireDance by Bill Whelan)
技術点:33.10
構成点:27.92
合計:61.02

B000005B2ORiverdance: Music From The Show
Bill Whelan

カナダ・バンクーバー開催、第21回冬季オリンピックの大会情報。男子シングルは高橋大輔が銅メダル、浅田真央が銀メダルを獲得。安藤美姫5位、鈴木明子8位、織田信成7位、小塚崇彦8位。

(アメリカ英語)

(アメリカ英語)

(ドイツ語)

『鈴木明子 バンクーバーオリンピック ショート演技 (解説:アメリカ英語)』へのコメント (2件)

  • 1
     2011/03/26(土) 17:52:00  ID:3cff60374

    オリンピックの動画、解禁でしょうか?
    管理人さん、ありがとうございます。
    一年ぶりに見ました。
    真央さん「仮面~」ヨナさん「007」の後の演技でしたよね。
    前二人の演技が完璧で、会場のボルテージがあがり切った後の
    あっこさんの演技。
    泣きそうな思いで見てました。

  • 2
    ラルク  2011/04/12(火) 00:35:29  ID:d451d11a3

    この「リバーダンス」大好きですね! 鈴木選手のリズム感も素晴らしく何度も繰り返し見てしまう…!
    本当に、選曲&振り付けぴったりです! 曲、演技が始まると同時に一気に観客を引き込む。曲に負けていない鈴木選手のパワーにテレビ観戦していたこちらも鳥肌がたちました!!
    鈴木選手、まだまだ魅せて下さいね!