レイチェル・フラット 世界選手権2009 ショート演技 (解説:フランス語)

レイチェル・フラット 世界選手権2009 ショート

2009年アメリカ・ロサンゼルスで開催された2009年世界フィギュアスケート選手権(2009 World Figure Skating Championships)、アメリカ代表-レイチェル・フラット
(Rachael FLATT)
のショートプログラム演技の動画です。映像はフランスEurosportで放送されたものです。


Date:2009年3月26日
曲名:演奏-ジョン・ベイレス ヘンリー・マンシーニ 映画『ティファニーで朝食を』より「ムーン・リバー」Moon River, From Breakfast At Tiffany's - Piano Concerto No.2, 1st Movement - The Movie Album: Classical Pictures  ~ セルゲイ・ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番」より第一楽章 (Moon River from the motion soundtrack of Breakfast at Tiffany’s by Henry Mancini + First Movement of “Piano Concerto No.2” by Sergei Rachmaninoff, performed by John Bayless)

技術点:32.50
構成点:26.80

合計:59.30

B000002SLYJohn Bayless: The Movie Album: Classical Pictures
Tomaso Albinoni Harold Arlen Luis Enrique Bacalov


2009年世界フィギュアスケート選手権 選手一覧

『レイチェル・フラット 世界選手権2009 ショート演技 (解説:フランス語)』へのコメント (2件)

  • 1
    sachi  2009/03/28(土) 11:58:41  ID:8368788b8

     フラットさん!楽しみだったんです~。最初のジャンプは残念だったけど本当にステキでした。
     2:49のところで両手をパッと広げるところとか、とてもステキです。
     真央ちゃんにもこういう春色の明るいパステルカラーの衣装で、
    こういう音楽で滑って欲しいと心から願わずにはいられません。

  • 2
    すてき<・・>  2009/03/28(土) 13:43:34  ID:48998586c

    管理人様ありがとうございます。
    フラット選手、セカンド3Lo期待していたのにとても残念でした。
    でも次のジャンプをコンビネーションにするあたりは16歳とはいえ、さすがですね。
    なんとなくですが、フラット選手の出来によってはLPで大どんでん返しがあるようで、まだまだ目が離せませんね