イリーナ・スルツカヤ 長野オリンピック1998 ショート演技 (解説:日本語)

イリーナ・スルツカヤ 長野オリンピック1998

1998年長野県長野市のホワイトリングで開催された、第18回冬季オリンピック(XVIII Olympic Winter Games)のフィギュアスケート大会、ロシア代表-イリーナ・スルツカヤ(Irina Slutskaya)のショートプログラム演技の動画です。映像はNHKで放送されたものです。実況はNHKアナウンサー刈屋富士雄、解説は佐藤有香です。


Date:1998年2月18日
曲名:アントン・ルービンシュタイン 「ワルツ」 

ショート順位:5位

長野オリンピック競技結果(Wikipediaより)[日本語][英語]

長野開催、第18回冬季オリンピックの大会情報。女子シングルは荒川静香が13位。男子シングルは本田武史が15位、田村岳斗が17位。

(日本語)

(日本語)

『イリーナ・スルツカヤ 長野オリンピック1998 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (1件)

  • 1
    ちょっちー  2009/06/06(土) 02:00:32  ID:92353bcc2

    長野オリンピックのフィギュアで一番好きな演技でした。
    このときからずーっとイリーナのファンです。
    この次のシーズンは国内選手権で負けてしまったんですよね。
    でも、その次にはカルメンで復活してくれて、うれしかったです。