太田由希奈 世界ジュニア選手権2003 エキシビション演技 (解説:日本語)

太田由希奈 世界選手権03 エキシビション

2003年チェコのオストラヴァ(Ostrava)で開催された世界ジュニアフィギュアスケート選手権(World Junior Figure Skating Championships)、女子シングルで優勝を果たした太田由希奈(Yukina OTA)のエキシビション演技の動画です。


Date:2003年3月1日
曲名: 加古隆 「黄昏のワルツ」黄昏のワルツ - QUARTET (Evening Twilight Waltz by Takashi Tako) /
アンコール曲:ジャコモ・プッチーニ  「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」 Vanessa-Mae - The Best Of Vanessa-Mae - Nessun Dorma from Violin Fantasy On Puccini's Turandot (2002 Edit)(Violin Fantasy on Puccini’s Turandot by Vanessa-Mae)

女子シングル総合結果(英語)

B001FOSK84アニヴァーサリー
加古隆


B000EZ8C3Iトゥーランドット~ベスト・オブ・ヴァネッサ・メイ
メイ(ヴァネッサ)

2003年世界ジュニアフィギュアスケート選手権
チェコ開催2003年世界ジュニアフィギュアスケート選手権。女子は太田由希奈が優勝、安藤美姫2位、浅田舞4位。男子は岸本一美が4位、柴田嶺14位、小林宏一 22位。

『太田由希奈 世界ジュニア選手権2003 エキシビション演技 (解説:日本語)』へのコメント (3件)

  • 1
    永遠のフィギュアファン  2009/02/12(木) 22:10:43  ID:be8888149

    本当に感性が豊かで表現力があります
    16歳にして既に自分自身のスタイルを持っていました。
    世界の檜舞台で彼女を見続ける事は出来なっかたけど、
    スケ-トを続けてくれて、うれしっかったな~
    本人は辛い事の方が多い後半だったけど、逃げずに自身を示してくれた
    喝采

  • 2
    永遠のフィギュアファン  2009/02/13(金) 08:51:59  ID:b866566b0

    表情はなくても、オ-ディエンスとコミュにケーーションがないと言われても、私に伝わってくる物があります。
    肩関節から肘・手首・指先までの連動された動きからくりだされるスケーティングに魅了されました。
    ジュニアの大会で、その演技ではあるけれどトゥ-ランドットもイナバウワ-も由希奈ちゃんのが一番すきでした。
    繊細で
    エレガント
    トリノでこの二つが注目されたのを少しばかり複雑な気持ちでみてました。
    私にとってナンバ-1はあなたのプログラムでした。

  • 3
    春鳥  2009/05/18(月) 16:59:31  ID:f1b2c2ec7

     黄昏のワルツもツーランドットも、ただため息が出るほど美しい。何度も何度も繰り返して観てしまいます。ピアノの繊細な音、ヴァイオリンの哀しい調べが、これほど似合う選手が他にいるのでしょうか。浅田選手のふわりとした春の美しさとも違います。柔らかく気品漂うエレガント、森の湖に月から舞い降りた白鳥、高貴なるプリンセスと呼べばいいのかしら…。
     京都出身の彼女の中に、どうしても舞妓のはんなりとした可愛らしさを見てしまいます。春雨の中、夕暮れ時に傘をさして、髪飾りを揺らしながら歩いて行く後姿を、微笑みながら遥か遠く見えなくなるまで見つめている。そんな気がしてきます。
     世界Jr.優勝。太田選手が、その短い選手生活の中で、一番輝いた時かもしれません。しなやかな体の動き、指先までも神経の行き届いた繊細な指使い、そして何と言っても深く反って、花の燃え上がるような可憐なスピンは、美しさの極致です。