浅田真央 グランプリファイナル2007 ショート演技 (解説:日本語・アメリカ英語)

浅田真央 グランプリファイナル07 SP

2007年イタリアのトリノ(Torino)で開催されたISUフィギュアスケートグランプリファイナル、浅田真央(Mao ASADAのショートプログラム演技の動画です。

英語の映像は、アメリカESPNで放送されたものです。解説はトレイシー・ウィルソン(Tracy Wilson)、スージー・ウィン(Susan Wynne)、ポール・ワイリー(Paul Wylie)です。


Date:2007年12月14日
曲名:ジョシュア・ベル 映画「ラヴェンダーの咲く庭で」より「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー 」
(Fantasy for Violin and Orchestra from Ladies In Lavender by Nigel Hess / Joshua Bell)
技術点:31.00
構成点:28.04
合計:59.04

女子シングル・ショート得点詳細(英語)
女子シングル・ショートジャッジスコア(英語)
女子シングル総合結果(英語)

B00092QU7Gラヴェンダーの咲く庭で オリジナル・サウンドトラック
ナイジェル・ヘス サントラ

 

「ジャンプの申し子」と呼ばれた浅田真が、これほどもがき苦しむ姿を誰が想像したか。SPの冒頭のシーンだ。

 

最初の3回転連続ジャンプ。フリップの後のループで着氷が乱れ、尻もちをこらえるように両手を交互についた。さらに続く3回転ルッツに向かう前につまずき、踏み切りさえもできなかった。

 

今季GP2戦2勝ながら、アルトゥニアン・コーチが「男子でも難しくてあまり挑まない」という組み合わせの連続ジャンプをSPで一度も成功していない。「迷いはなかった」というが、見えない重圧があったのか、演技開始の立ち位置に就くまでも時間がかかった。「ノーミスでと思ったけど…。何か引っ掛かったかもしれない」。

 

ミスが連鎖した直後は、「動揺してあまり覚えてない」。だが、そこから懸命に演技を続けた。表現力を増したスピンやステップで評価を稼ぎ、まさかの最下位6位とはいえ、3位とは小差。自他共に認める同じ歳のライバルで、首位に立った金妍児とも約5.5点差。目にはうっすら涙も浮かんだが、「ちょっとは自由で挽回(ばんかい)できると思います」。

 

年齢制限で出場できなかった昨年のトリノ五輪と同じ舞台。厳しい洗礼は、17歳に試練を与えているように映った。

(時事ドットコムより引用)

(スペイン語)

(アメリカ英語)

(ロシア語 6分間練習)

(日本語 女子シングルSP完全版 42分辺~)

『浅田真央 グランプリファイナル2007 ショート演技 (解説:日本語・アメリカ英語)』へのコメント (3件)

  • 1
    fuji  2007/12/15(土) 11:16:52  ID:d1c4276de

    ガ~ン。ショックですね。
    いち早い映像ありがとうございます。

  • 2
    管理人  2007/12/15(土) 17:11:47  ID:a8ce54929

    真央選手の悲しい顔を見るのは、本当につらいです。
    大変な結果でしたが、上位の5選手とは点差がつけられているわけではないので、フリーではいい演技をすれば追い上げるチャンスもあると思います。
    ガンバレ、浅田&中野!

  • 3
    木陰の椅子  2015/06/18(木) 00:42:19  ID:cb18a4971

    この時、フリーで演技後、気になったものを探すかのように透明で硬度の高そうなものを真央選手はさりげなく拾い上げています。
     すると、ショートのミスを誘発してしまった引っかかりにも、何か原因が有ったのだとしたら、そら恐ろしいことですね。!!!